FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
うとうとねこ・うちの子バージョン(#^.^#)
2020年08月10日 (月) | 編集 |
ねこどんの泉さんにうとうとねこのうちの子バージョンを作ってもらいました。
悠太と航太のそっくりさん(#^.^#) こんなに小さいのに、しっかりおひげもついてます。
航太はお鼻の黒ポチまで再現してくださってます❤
めちゃ可愛い!(^^)!
ねこどんさんの作品を初めて拝見したのは、私が作品作りを始めてすぐぐらいのもう30年以上前です。
通販誌でねこどんさんのお祭り猫を見て、そのしぐさのかわいらしさと、表情のなんとも言えないひょうきんさにドンッと心を射抜かれて、即注文しました。その猫たちは今も我が家の本棚に鎮座ましましています(#^.^#)

その後、デパートの猫展などでご一緒する機会もありましたが、泉さんの作品はいつもダントツの人気者です。
猫だけではなく、犬もいろいろ。泉さんの作品は、とってもリアルなのに、しぐさや表情がものすごくかわいいのです。
うとうとねこさんも大切にしますね(#^.^#)

CIMG2584.jpg

CIMG2583.jpg

CIMG2582.jpg

CIMG2588.jpg

CIMG2579.jpg

CIMG2577.jpg

CIMG2576.jpg

CIMG2575.jpg

スポンサーサイト



大きな猫
2020年08月07日 (金) | 編集 |
連日のコロナ感染増加ニュースで、すっかり委縮してしまった心身にカツを入れたくて、これまで描いたことのない大型のネコ科の絵を描いてみました。
涼しげなユキヒョウに、勇壮な雄ライオンです。子供のころからライオンのたてがみを両手で思いっきりワシワシしてみたいという夢を抱き続けているので、ずいぶんたてがみの立派なライオンになりました。
三枚目は我が家の大猫ならぬ、点が一つ多い「太猫」悠太(笑)
相変わらずの食いしんぼで、消しゴムをチーズと勘違いして、ガン見中です( ;∀;)

ユキヒョウ

ライオン

悠太6

ファインテック・ペガサスとユニコーン
2020年08月04日 (火) | 編集 |
先日鳥の絵を描いたファインテックという絵具でペガサスとユニコーンを描いてみました。
写真ではあまりよくわからないかもしれませんが、光の当たり方で虹色に輝きます。
今回は、ファインテックで描いた上からさらに油性の色鉛筆で彩色してみました。
ファインテックの効果のようですが、見る角度によって、立体感がとてもよく出ます。
ペガサスの翼は銀色のファインテックの上から油性の色鉛筆で細かく羽を描きましたが、羽毛のふんわりした感じが出しやすいです。
まだまだその特性を使いこなせていませんが、本当に面白い画材です。

子どものころから神話や伝説が大好きだったので、ユニコーンやペガサスにはいつも心惹かれます。
真っ白い翼を広げて天駆けるペガサスや、深い森の奥で静かにたたずむユニコーンは今もあこがれの存在です。

玉虫ペガサス2

玉虫ペガサス

玉虫ユニコーン

悠太・航太 密 ( ;∀;)
2020年07月24日 (金) | 編集 |
どっちもやきもち焼きで、オンリーワンで、ナンバーワンになりたい悠太と航太。
同居してもう4年になるのに折り合いが悪くて、しょっちゅうもめています。
ところが!昨日奇跡のような仲良し寝。
こんなに密着して一緒に寝てるのは、航太がうちに来たばかりの子猫の時以来です。
一体何があったのか???
でも、この暑さの中、しかも密は避けてと言われてる時期に、なんで(笑)

悠・航仲良し3

悠・航仲良し

悠・航仲良し2

ファインテック
2020年07月20日 (月) | 編集 |
ファインテックという、水彩絵の具を買いました。
黒い紙に描くと、とてもきれいな玉虫色に見える、ちょっと不思議な絵具です。
画材屋さんで見かけて、ずっと気になっていたのですが、かなり高価な絵具なのでなかなか思い切って買えませんでした。
先日、画材屋さんのセールに出かけたら、その絵具のセットが特別価格で、なんと!三割引きになっていました。
これは絶好のチャンスと思い切って、黒い紙のスケッチブックと一緒に購入しました。
写真はその絵具で描いてみた鳥とウマビエの絵です。
玉虫色が写真ではちょっと再現できてないかもしれませんが、とても不思議な感じの絵になります。
この特色をどう生かせるか、これからあれこれ試行錯誤ですが、これまで描いていないちょっと面白い絵が描けるかもと楽しみです。

玉虫鳥

カワセミ

玉虫色ウマビエ