FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
つかの間の平和 (#^.^#)
2020年01月16日 (木) | 編集 |
年中小競り合いを繰り返している悠太と航太が珍しく並んで寝ています(#^.^#)
いつもこんなに和やかな雰囲気だといいのですが・・・
もっともこのつかの間の平和も、足が触れたとか、背中が当たったとかですぐに雲行きが怪しくなるのですが "(-""-)"
人間世界の某大国同士の関係と似てますねぇ。
ま、ニャンズはミサイルを発射したり、関税で庶民の生活を圧迫したりしないだけまともですが(笑)

CIMG2257.jpg

CIMG2336.jpg



スポンサーサイト



新しい爪とぎ (#^.^#)
2020年01月13日 (月) | 編集 |
昨年末、悠太と航太に新しい爪とぎを買ってやりました。
長年使ってきた爪とぎは二匹のお気に入りでしたが、さすがに裏表ともボロボロになってしまったので。
重量級の二匹が使うので、しっかりしたつくりのものでないとすぐに壊れてしまいます。
幸い、前の爪とぎを買ったネットのお店でよさそうなのを見つけることができたので注文しました。
やはり新しい爪とぎは使い心地が良いようで、二匹ともご機嫌です。
大きめのサイズを買ったので、ベット代わりにくつろぐこともできます。
問題は、また二匹の紛争の種になりそうなことですが・・・
さすがにこのサイズのものを二つ置くスペースは無いので、うまく譲り合って使ってくれることを願うばかりです(笑)

CIMG2342.jpg

CIMG2350.jpg

CIMG2346.jpg

アートハウスさんの合同展「アニマリンピック」
2020年01月07日 (火) | 編集 |
年明け最初の合同展参加です。
北堀江のギャラリーアートハウスさんの「アニマリンピック」に参加します。
動物たちのオリンピックをテーマにした楽しい展示です。
年末年始で制作時間があまりなかったので、私は小さな作品を出展します。

                   「アニマリンピック」
     2020年1月10日(金)~1月21日(火)  11:00~19:30  15日(水)16日(木)はお休みです
      ART HOUSE(アートハウス)
      〒550-0014 大阪市西区北堀江1-12-16  tel 06-4390-5151

今年の年賀状に使ったネズミの新体操と、新作の猫の新体操を出展します。
新体操をしている猫は、スマートな猫ではなく、あえてわが家のニャンズタイプのふっくら体形猫にしました。
家の悠太と航太がもし新体操をしたらこんな感じかなと(#^.^#) 二匹とも男の子ですが(笑)
制作時間がもっとあれば、バレーボールの試合でアタックしてたり、回転レシーブしてる猫も作りたかったのですが。
オリンピックイヤーにちなんで、いろんなスポーツをしている動物をたくさん作るのも面白そうです。
  お時間ありましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ!

CIMG2379.jpg

CIMG2378.jpg

CIMG2377.jpg

明けましておめでとうございます !(^^)!
2020年01月01日 (水) | 編集 |
      あけましておめでとうございます!(^^)!
今年も例年通り家族であびこ観音様に初詣に行きました。
風もなく、穏やかな良いお日和でした。
昨年は個展の準備に追われましたが、今年はいよいよいろんなことを整理する一年になりそうです。
三年ぶりの個展では、長年応援してくださった方々が来展されて、本当にうれしかったです。
また新たに見に来てくださる方も多く、楽しい日々でしたが途中でのどを痛めて点滴を打つ羽目になり、しみじみ体力の低下も自覚しました。
自分や家族の年齢を考えると、そろそろ本気で残すこととあきらめることを見極める時期になりました。
それでもまだまだ物づくりはあきらめきれないので、規模は小さくてもコツコツと本当に作りたいものを作っていきたいと願っています。

世の中全体が、穏やかでよい一年になりますように!
本年もどうかよろしくお願いします。

年賀状

愛馬の肖像画
2019年12月26日 (木) | 編集 |
この秋に愛馬を亡くした馬友さんから依頼をいただいていた愛馬の肖像画が出来上がったので、お渡ししてきました。

人間でいえば、100歳を超える高齢でしたが、常に心のこもった世話をされて、とても愛され大事にされていたので、毛並みもつやつやで、体つきも若々しく、元気な人懐っこい穏やかなかわいい馬でした。
淡路島の乗馬クラブでは、私もよくニンジンをプレゼントしたりしていたので、訃報を聞いたときはとても悲しく寂しかったです。
元気とは言え高齢だったので、いつかは別れの日が来ると友人も覚悟はしておられたようですが、前日まで元気に走っていたので、突然の容態急変と別れに悲しみはさらに深いようでした。

写真を何枚かお預かりして、4枚の絵を描かせてもらいました。
目が大きくて、とても優しい顔立ちで、性格も穏やかで明るい感じの馬だったので、その個性を何とか表現したいと思いました。
出来上がった4枚の絵から、友人に気に入ったものを選んでいただきましたが、「あの子の感じがよく出ている」と喜んでもらえて、私もとても嬉しかったです。

一枚目が、一番ハンサムに描けていたのですが、その馬のちょっとお茶目な感じと明るい性格が出ているのは、二枚目の被り物(未年で、羊の被り物をして撮った写真だそうです)をしている絵なので、どちらを選ぶかずいぶん迷われましたが、結局二枚とも手元に置きますということになりました。
私も多分選ばれるとしたらこの二枚のどちらかかなと予想していたのですが。

横顔の絵は、似ているけれどちょっと表情が寂しそうだし、全身の鉛筆画はうんと若いころなので、イメージが違うかなと。
つたない私の絵ですが、愛されてきたこの子の雰囲気だけはお伝えできる仕上がりになったようで、ほっとしました。

正面・絵葉書

馬着・絵葉書

横顔・絵葉書

鉛筆・全身・絵葉書