FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
キラキラアクセサリー
2021年01月23日 (土) | 編集 |
若い頃からずっと低血圧でしたが、最近はいつ計っても上が90代、下が60代とかなり低いです。
ほぼ毎日川沿いの道をウオーキングして、体幹を整える体操も続けていますが、やはりコロナで家籠りの日々が続いているのが影響しているのかも。血圧は、低めの方が体の負担が少ないと言いますし、体調が悪いということもないのですが。
あまりに血圧が低いと、なんだか血の巡りが悪くなるような気がします。
低血圧のせいではないですが、コロナストレスか、やはりいまいち気持ちが落ち込むことも多いので、思いっきりキラキラした作品を作ってみました。キラキラしたきれいな小物が大好きだった母は、よく「気持ちが落ち込むときは、キラキラしたものを身に着けると元気が出るし、厄除けになる!」と笑っていました。
母が存命だったら喜んでくれる作品になったでしょうか(#^.^#)


馬刺繍

アクセ11

アクセ10

アクセ9

アクセ8

アクセ7

アクセ5

アクセ4

アクセ3

スポンサーサイト



悠太と航太の事件ファイル
2021年01月16日 (土) | 編集 |
いきなりトイレの話ですみません。
我が家の猫用トイレは人間のトイレの中に、取り合いにならないよう、砂箱を二つ置いてあります。
ところが悠太は航太が用を足して出てくると、何が気に入らないのか、いきなり襲いかかったりします。
昨日も航太の悲鳴が聞こえたので様子を見に行くとまた悠太が襲いかかったようで、むしられた航太の毛がたくさん落ちていました。
ほんまに困ったもんです。我が家の猫トイレをめぐるフン争はまさに泥沼です( ;∀;)


毛

k

y2

y3

貝塚のオグリキャップ (笑)
2021年01月13日 (水) | 編集 |
貝塚の乗馬クラブ、野のはなに、何頭か新しい馬が来ました。
先生が調教乗りをしているのを見ていた会員から「オグリキャップみたい!」と歓声が上がった馬が。
あの競走馬の名馬、オグリキャップを思わせる毛色の馬が来たのです。
調教が終わって、洗い場につながれているその馬を早速みんなで見に行きました。
確かにオグリキャップを彷彿とさせる毛色ですが、間近で見ると思わず笑ってしまうような愛嬌のある顔立ちでした。
まるでマジックで描いたようなりりしい眉毛のような模様があって、西郷どんのようです(笑)
「貝塚のオグリキャップだね!」と笑う会員に囲まれて、きょとんとしている姿がまた可愛くて。
サラブレッドではなく、中間種というやや小型の馬ですが、がっちりした体型で、性格も穏やかそうでした。
まだ3歳の若い馬で(人間でいえば、中学生ぐらい)、これからしっかり乗用馬としての調教を受けなければならないので、レッスン馬としてデビューするのはまだまだ先ですが、元気に育っていつか会員を乗せて走ってくれますように!

※4枚目と5枚目は本物のオグリキャップです

貝塚のオグリキャップ3

貝塚のオグリキャップ2

貝塚のオグリキャップ

オグリキャップ2

オグリキャップ

今年も我が家は猫年 (#^.^#)
2021年01月04日 (月) | 編集 |
年末、人間は大掃除だ正月準備だと連日バタバタしていましたが、悠太と航太は相変わらずのマイペースでした(笑)
悠太は普段物が置いてあって入れないスペースを掃除のためにあけると、早速入り込んで、「ここはワシの領地!」とばかりに居座ってどいてくれません。
航太はさんざん私の後についてウロウロしては「猫の手貸しますよぉ!」とばかりにお邪魔虫に励んだ挙句くたびれて、これから片付けようとする場所で爆睡です。
で、人間の方も「邪魔せんといてっ!」などと文句を言いつつ、ついつい「可愛いポーズ❤」とにやけては忙しいさなかに写真を撮ったりしてしまいます( ;∀;)
毎年予定通りに大掃除が終わらないのは、あんたちのせいだからね~

悠太9

航太10

航太11

あけましておめでとうございます
2021年01月01日 (金) | 編集 |
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
例年のようにお雑煮を祝った後、毎年出かける近所の神社に初詣に出かけてみました。
近年は参拝客が増えて、昨年は境内の外まで大行列ができるほどの混み具合だったので、もし今年も人出が多いようなら門の外から拝礼だけして、正式なお参りは日を改めていくつもりでした。
でも、コロナで密を避けるようにとのお達しが効を奏しているのか、昨年の十分の一にも満たない人出で、予想以上に閑散とした境内でした。 門前ににぎやかに開いていた露店も今年はまったくなくて、近隣の人が三々五々お参りに訪れるだけの静かな元日になっていました。
打鈴も取り外され、柏手を打つ人もなく、本当に静かな境内で、一日も早く平穏な日々が戻りますようにと手を合わせてきました。
日々の不安はまだ続きますが、どうか皆様もお体気を付けて、新しい一年を無事お過ごしくださいませ。

丑年年賀状