FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
暁 あかつき
2021年02月22日 (月) | 編集 |
今年も6月に開催されるアートハウスさんの馬展に参加する予定なので、貝塚の乗馬クラブ野のはなさんの馬の絵を描いています。
写真の絵は、暁(あかつき)という馬と、ジュニアの少年会員さんを描いたものです。
暁は肩までの高さが160㎝以上ある(私が普段乗っているポップコーンは145㎝ぐらいです)とても大きな馬ですが、馬だけ描いても大きさが伝わらないので少年会員さんに横に並んでモデルになってもらいました。
(ご本人と保護者の了解をいただいたので馬展に出展できることになりました。)
すらりと長身の会員さんが並んでもこの感じなので、いかに暁が大きいか実感していただけるかと。
首の太さも成人女性の胴体ぐらいありますし、蹄もどんぶり鉢を伏せたみたいに大きいです。
サラブレッドではなくて、障害飛越を得意とする馬種だそうです。この馬を女性会員が走らせるには手漕ぎの小舟で激流をさかのぼるほどの体幹力がいるそうで、非力で小柄な私などまたがることもむつかしいです。
こんなに巨大ですが、性格は穏やかでおとなしくて、自分の半分もない小型のポニーに遠慮していたりします(笑)
まさに心優しい大男といった感じの馬です。
暁2

暁

スポンサーサイト



刺繍でカメオ
2021年02月18日 (木) | 編集 |
子供の頃、ときおり母が身に着けていた、鮮やかなブルーの土台にギリシャの女神風の女性の横顔が白く浮き彫りにされている
ブローチが大好きでした。「これはカメオというアクセサリーだけれど、本物はすごく高いから、カメオ風のブローチ」と母は笑っていました。それでも私はそのブローチがとても母に似あっていてきれいだと思っていました。
先日、ユザワ屋さんで、鮮やかなブルーのサテンの布を見かけ、あの母のブローチを思い出しました。
この布に白い糸で刺繍をしたら、カメオみたいに見えないかなとふと思いつき、早速作ってみたのが写真の作品です。
布を傷めないように一本取りの刺繍糸で刺したので、ずいぶん時間がかかりました。
立体感を出したくて、微妙に白さの違う糸を重ねて刺してみました。
あの母のブローチには到底たどり着けませんが、少しは母が喜んでくれるものになったかなと、天国の母に尋ねてみたいです。

カメオ

大根おろしニャン(#^.^#)
2021年02月13日 (土) | 編集 |
先日新聞でちょっと楽しいキッチン小物を見つけました。
『大根おろしニャン』(笑) 写真のとおり、大根おろしを詰めて型抜きすると猫の形になるというもの。
他愛のないものかもしれませんが、面白そうなので買ってみました。
早速夕飯の焼き魚に添えてみると、結構可愛いです(#^.^#)
主人は、猫の形と認識できなかったようで、「なんでこんなちょっとしか大根おろしがないねん?」と首をかしげていましたが、娘は食卓に着くなり「悠ちゃんと航ちゃんがお皿の上にいるやん!可愛い」と大笑い。
大根おろしの水気をかなりしっかり切らないと形が崩れてしまうので、大根おろしの味はちょっとすかすかしてしまいますが、食卓に笑いを運んでくれる小道具としては楽しいです♪
醤油で毛の模様を色々できるのも面白いです。
お試しあれ(#^.^#)

大根おろしニャン2

大根おろしニャン

素敵な贈り物
2021年02月07日 (日) | 編集 |
昨年末、梅田のギャラリーRYOさんのアクセサリー展でご一緒した小林祐岐さんに、娘のヘアーアクセサリーと私のバックチャームを作っていただきました。
小林さんのアクセサリーはフェイスブックでも写真を拝見して、すごくセンスが良くて透明感があって、きれいだなとずっとあこがれていたのですが、RYOさんで実物を拝見して、その丁寧で精緻な仕上がりを目の当たりにするとどうしても作っていただきたくなって、お忙しい中ご無理をお願いしました。
昨日届いた作品は、思わずわぁと歓声を上げてしまうほど、私のお願いした通りのイメージでした。
二度目のヘアドレイジュ(ガン治療などで、髪を失った方のかつらを作るために髪の毛を寄付すること)のため、また髪を伸ばしている娘にも素敵なヘアアクセサリーをプレゼントしたくて、娘の好みと職場でも身に着けられるものをとの希望を添えて制作をお願いしていたのですが、本当にびっくりするぐらい娘の好みにぴったりの作品を作ってくださいました。
昨日、夕飯を食べに帰宅した娘に早速手渡すと「きれいだね!私の大好きな色で、すごくセンスがいい!!」と大喜びでした。
脳神経病院のリハビリ課で作業療法士として働いている娘は、このコロナ禍でさらに緊張の続く日々を送っています。
娘の勤めている病院は、脳梗塞や脳溢血の緊急手術に24時間対応できる、府南部では唯一の病院なので、コロナ患者受け入れはできない病院ですが、万一スタッフからクラスターが発生したりしたら、多くの脳血管病の患者さんを治療できなくなるので、本当に緊張の緩むときがないようです。
そんな娘にせめてきれいなヘアアクセサリーを身に着けて、少しは気持ちを和ませてもらえたらと思っての注文でしたが、素敵な作品を届けていただいて、本当にありがたく、うれしい気持ちでいっぱいです。
小林祐岐さん、親子で大切に使わせていただきますね。本当にありがとうございました(#^.^#)

髪飾り

ARTHOUSE企画展「2021 しりとりアート駅伝」
2021年02月02日 (火) | 編集 |
今年もアートハウスさんの「しりとりアート駅伝」に参加します。
今年いただいたお題は「ペラペラ〇〇〇〇り」です。
しりとり形式で作品をつないでいくので、私の次の方は、「り」を使ったお題に挑戦です。
展示を見に来た方には、この〇〇〇〇に入る言葉を、作品をヒントに考えてもらいます。

お題をいただいてから、搬入まで一週間を切っていたので、どんな作品にしようかと、一瞬頭が真っ白になりました(笑)
で、何とか出来上がったのが写真の作品です。
粘土を乾かす時間がギリギリだったので、いつもの細かい猫は作る余裕がなくて、とにかく一番乾きやすい粘土を使って作りました。

ほんの一年前まで、街中で当たり前のように見かけていた光景が、コロナ以降はまるで犯罪行為のように非難されます。
一日も早くマスクなしで安心して暮らせる日々が戻りますようにとの祈りをこめてこの作品をつくりました。

緊急事態宣言が延長になって、外出がしにくい時期ですが、お近くにお出かけの折は是非お立ち寄りください。
参加作家がどんな風にお題を料理したか、楽しんでいただけます(#^.^#)

 ARTHOUSE 企画「2021 しりとりアート駅伝」
    2月5日(金)~2月16日(火)  10日11日は休み
      11:00~19:00  最終日は17:00まで
     アートハウス  〒5500014 大阪市西区北堀江1-12-16
        TEL 06-4390-5151

しりとり