FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
粘土のトイプードル
2019年03月23日 (土) | 編集 |
イチロー選手がとうとう引退されましたね。
野球にうとい私ですが、主人が阪急時代からのオリックスファンで、たまに神戸の球場に連れて行ってもらうことがありました。
試合開始前の練習時間に、両軍の選手が球場いっぱいに広がって練習している中で、まるで高校生かと思うようなほっそりと華奢な体つきの選手がイチローさんでした。
まだ鈴木一郎という登録ネームで、二軍と一軍を行ったり来たりしておられた時でした。
大勢の選手が動き回っている中で、なぜかイチロー選手の姿だけがまるでスポットライトで照らされているように見えて、地味に見えるその姿がなぜパッと目に飛び込んできたのか本当に不思議でした。
その後の活躍ぶりに、「ああ!あれがオーラを感じるということだったのか!」思いました。
それまではオーラを感じるなんてほんとにあるのかと思っていましたが、後にも先にも経験したことのない不思議な感覚でした。
真摯に野球に向き合う姿にはいつも感動しましたし、もっともっとあの姿を見ていたいと本当に残念で寂しいですが、時の流れは止めようがないんですね。

イチロー選手の引退会見に涙しながら、トイプードルの飼い主さんからご依頼をいただいていた、粘土製のそっくりさんを作りました。
モコモコの毛並みの再現が難しかったのですが、粘土で形を作って乾燥させた後、全体に和紙を張りこめて毛並みを表現してみました。
気に入っていただけるとよいのですが。

00192076.jpg

00192075.jpg

スポンサーサイト
ホワイトシェパード (#^.^#)
2019年03月19日 (火) | 編集 |
先日ご依頼をいただいたホワイトシェパードの絵がようやく完成して、お手元に届けることができました。

お預かりした写真のデータが少し小さかったので、目の色などがよくわからず、犬の図鑑なども参照しました。
真っ白で、本当にきれいで優美な感じの犬で、とっても大切にされているのがわかる優しくて明るい表情の写真だったので、その雰囲気を生かして描きたいと思いました。ただ、きれいな白い毛色をどう表現するか、苦戦しました。
首輪やくわえているボールの色などは、毛色を生かせるような色合いに変えさせてもらいました。
大切な愛犬の絵なので、気に入っていただけるかドキドキでしたが、うちの子の雰囲気をとってもよく表現してもらえてうれしいですと喜びのお手紙をいただいて本当にほっとしました。

子供の頃、黒いシェパード犬と暮らしていたので、懐かしい想いも込めて描けました。
何よりもご家族に喜んでいただけたのがとてもうれしかったです(*^^*)

00192073.jpg



いろいろ絵 (#^.^#)
2019年02月27日 (水) | 編集 |
U先生の外乗の写真を見ていたら、私がカバオ君に乗ってる写真も出てきたので、絵にしてみました。
カバオ君は似せて描けたと思いますが、私は本人に全く似ていません( ;∀;)人間を描くのは本当に難しいです。
普段は影はあまり描きこみませんが、外乗は淡路島の日差しの明るさを表現したくてはっきりと影も描きました。

ロバは、世界の美しい村や町を撮影した写真集で見たスペインのロバの衣装があまり可愛いので描いてみました。
写真では衣装の模様や色はあまりはっきり写っていなかったので、イメージをふくらませて、ここはこんな色が可愛いかなとか、この模様は花かなとか想像しながら描いたので、本物とは別物になってると思いますが。
実際にスペインに行ってスケッチできたら最高ですが、残念ながらそれだけの財力も時間もないので(笑)
でも、写真を見て、いろいろ想像の翼を広げるのも楽しいです♬

猫は航太です(*^^*)これまで航太の鼻にある黒いぶちは、汚れに見えるかなと思って省略して描いてきましたが、このポーズでこの表情は航太ならではなので、やっぱり鼻のぶちも描いた方がさらに航太らしいかなとはじめて黒ぶち入りで描いてみました。
こうしてみると、やっぱりこの鼻にぶちがある方が航太らしいです。これからは鼻の黒ぶちも描いた方が面白いかなと思いました。
いつも一緒に暮らしている子は性質までわかっているので、表情が描きやすいです(*^^*)

00192071.jpg

00192069.jpg

00192070.jpg

U先生
2019年02月26日 (火) | 編集 |
淡路島の乗馬クラブハーモニーファームで長年活躍されていたU先生が退職されました。
先生は植物の知識も豊富で、、季節ごとに淡路島の自然と景観を楽しめる外乗コースをたくさん開発されました。
本当にたくさんの人が先生の先導される外乗で楽しいひと時を過ごしていました。私も先生には本当にお世話になって、
もし先生がおられなかったら、乗馬を続くけていなかったかもしれません。
穏やかで快活なお人柄にひかれて、淡路島に通う方も大勢おられました。
淡路島のハーモニーファームを定年退職された後は、姉妹クラブのハーモニーファーム貝塚でまた活躍されるご予定でしたが、いろいろご事情があって、郷里のご家族のもとに戻られることになりました。
また貝塚でご指導いただけると喜んでいたので、とてもとても残念です。
これまでの外乗の写真を見るたび、楽しかった思い出ばかりが浮かんできます。
寂しいですが、これからの先生のご多幸と健康をを祈っています。
外乗の写真のなかに、先生が写っている写真があったので、絵に描いてお送りすることにしました。
つたない絵で、先生のお顔がきちんと描けなくて、申し訳ないのですが、精いっぱいの感謝を込めて描いてみました。

00192072.jpg

猫の日落語と悠太のぎっくり腰 "(-""-)"
2019年02月26日 (火) | 編集 |
22日は毎年恒例の「猫の日落語会」に行ってきました。
毎年誘ってくださる友人の好意で今年もよい席で、なんと二列目の正面席!落語家さんと膝を突き合わせているような特等席でした!(^^)!
年々内容もレベルアップして、お腹の底から笑える、猫いっぱいの楽しい噺の連続でした(#^.^#)
そんな楽しい余韻を残した翌日、悠太がいきなりこれまで聞いたことのないような絶叫を上げ、何事が起きたのかと仰天しました。
様子をみていると、どうも腰か後足を痛めているようで、悠太は生まれつきちょっと左の股関節の付き方が緩いので、万一脱臼でもしていたら大変とかかりつけの獣医さんに連れて行きました。
心当たりがあるのは、昼過ぎにブラッシングの順番をめぐって、やきもちを焼いた航太が悠太の首筋を噛んで押し倒し、それに逆らった悠太が不自然に体を曲げて応戦したことぐらいです。
慎重に全身の状態や、歩き方を観察してもらって、念のためレントゲンも撮ってもらいましたが、骨や関節には異常がなく、おそらく人間でいうところのぎっくり腰でしょうと診断されました。犬は時々あるそうですが、猫もまれに不自然に腰をひねるとなるそうです。
昼間の二匹の喧嘩の様子を話すと、「おそらくそれが原因でしょう。何しろ7キロ近い航太君にのしかかられたのを、無理に体をひねって押し返したんやから、ぎっくり来たんだと思います。」先生が苦笑交じりに診断を下されました。
幸い普通に歩いている時は痛みもなく、排便障害も出ていないので、2~3日すれば治まるでしょうとのことで、本当にほっとしました。
怖がりの悠太は診察中よほど怖かったのか、痛かったのか、盛大におしっこを漏らしてしまい、噴水のように飛ぶおしっこが危うく先生の顔にかかるところでした。後始末に走る看護婦さんととっさにおしっこをかわした先生に恐縮しながら詫びると「気にせんといてください!こんなんいつものことやから。これだけ盛大におしっこが出るのは、神経に異常がない証拠です。」と笑ってもらえました。
今朝もまだ少し腰をかがめるような動きをするときはギクシャクしていますが、もうほとんど痛みは消えたようでやれやれです。
一方加害者?(笑)の航太は、悠太の体から病院の匂いがするようで、ものすごい警戒心で悠太を威嚇して回っていました"(-""-)"
やきもち焼きのニャンズですから、もめ事は仕方ないですが、怪我だけはせんといてほしいもんです。