FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
色鉛筆
2018年12月18日 (火) | 編集 |
夏に東区のチャレンジアート親子教室の課題のために、久しぶりに色鉛筆画をたくさん描きました。
10年ぐらい前に買って机の引き出しで眠っていた色鉛筆、発色などは全く問題なかったのですが、足りない色がたくさんできてしまって。
ばら売りで買うと意外に高くつくので、先日思い切って新しい色鉛筆セットを買いました。

以前持っていたのは水彩色鉛筆で、今回は油性色鉛筆を買いました。
私が知らなかっただけなのでしょうが、紙だけでなく、木や石、布や革にも描ける色鉛筆だとか。
早速手元にあった百均の杉のまな板(笑)とあまりに表面がザラザラで使い物にならないかもと放置していたやはり百均のキャンバス(笑)に試し描きしてみました。
色が乗らないのではないかと、恐る恐る描き始めたら、びっくりするほどきちんと色が乗りました。
ザラザラでコンクリートの壁みたいなキャンパスもなんだか意外に面白い効果がでました。
平和紙業さんで買っていた新製品のちょっと表面がフェルトみたいで、フワッとした不思議な質感の紙にもきれいに色が乗って、猫の毛並みの表現が普通の紙より面白くできます。
色数が多くて、特にグレイや黒にすごく微妙な色がいっぱいあって、我が家のグレイ猫や黒白猫を描くのにぴったりです。
すっかり楽しくなってしまって、毎晩夜なべに描いています。
思い立ったらすぐに描ける手軽さは色鉛筆ならではですね。
ついでにアメリカ色鉛筆協会が出している色鉛筆アートの本もアマゾンの古本市で見つけて、「この絵が本当に色鉛筆画!」と感動しています。
超リアルな色鉛筆画を描く作家さんの作品集にも感嘆するばかりです。
奥のふか~い色鉛筆、年をとっても楽しめそうで、ちょっと嬉しくなっています(笑)

00192019.jpg

00192020.jpg

00192021.jpg

00192022.jpg



スポンサーサイト
チャレンジアート作品展 (#^.^#)
2018年12月07日 (金) | 編集 |
堺市東区のチャレンジアートの展示会が始まりました。
北野田の東区文化会館内のギャラリーで11日火曜日まで開催されています。
東区在住の家族を中心に、8月に開催されたチャレンジアートで制作された作品を展示しています。
私は親子チャレンジの講師として、親子の工作教室を受け持ちました。
昨年は「わ・和・輪」がテーマで、犬・猫・ウサギが仲良く輪の中に入っている粘土作品を作りましたが、今年のテーマは「森」でした。
一日で作品を完成させなければならないので、あらかじめ粘土で木の幹を作っておき、そこに参加者の家族で木の葉をつけたり、森の動物たちを作ったりしてもらいました。
粘土だと乾かすのに時間がかかるので、動物たちは厚手の紙に絵を描いてもらい、それを切り抜いて立てる手法を使いました。
子供たちの斬新なアイデァと工夫は私の予測をはるかに越えて、個性豊かな楽しい作品が出来上がりました。

私は昨年からの協力ですが、もう10年近くこのチャレンジアートは開催されています。
準備などいろいろ大変なことが多い中、東区役所の職員さんの奮闘には頭が下がります。
親子で一つの作品を作る楽し気な様子には準備の苦労も忘れます。
財政状態が厳しくなる中、いつまでこの企画が継続されるか未知数ですが、声をかけていただける限りは協力したいと思っています。

00192018.jpg

00192017.jpg

00192016.jpg

00192015.jpg

00192014.jpg

あべのハルカス「大阪ニャン博-2018」に参加します
2018年12月04日 (火) | 編集 |
今年で三回目になる、あべのハルカスの猫展「大阪ニャン博-2018」に今回も参加します。
定番の招き猫の起き上がりこぼしやクリスマスの猫作品に加えて、今回はチョークアートの作品も出展します。
8日の土曜日の午後1時から5時までは会場で、塗り絵をする感覚で気軽にマトリョーシカ猫やこけし猫のデザインの巾着を彩色してもらうワークショップも開きます。
週末はかなり寒くなりそうですが、お時間ありましたらお立ち寄りくださいませ。

    「大阪ニャン博-2018」
  12月5日(水)~12月11日(火) 午前10時~午後8時 最終日は5時閉幕
    あべのハルカス近鉄本店ウィング館9階催会場

00192013.jpg

00192012.jpg

00192011.jpg

00192010.jpg

00192009.jpg

00192007.jpg

00192006.jpg

00192005.jpg

00192004.jpg

図書館の粘土教室 (#^.^#)
2018年11月20日 (火) | 編集 |
今年の図書館での半日粘土教室も18日で無事すべて終了しました。
今回は初めてお洋服を着ている猫を作ってみたのですが、参加者の皆さんが帽子をかぶせたり、ハンドバックやカメラを持たせたり、いろんな工夫をされてとても楽しんでもらえたようで本当に良かったです。
図書館での粘土教室を始めてもう25年ぐらいになります。
見本はごくシンプルに仕上げて、できるだけ参加者の皆さんの創造力を生かせるようにしています。
基本は猫の人形なんですが、耳や鼻を少し変えるだけでウサギや犬やハムスターも簡単にできるようにしているので、最近は我が家のペットを作りたいと希望する方も増えました。
今年は小学校低学年の女の子が「象さん作りたい!」との希望で、ほんの少しのアドバイスでびっくりするほど生き生きした素敵な象さんを完成させて帰りました。
大人の参加者さんからは翌年の干支を作りたいというご希望もあって、今回は簡単にできる猪をレクチャーしました。
始めは「豚になった!」と苦心してはりましたが、ちょっとしたコツを伝授したら「これなら玄関に飾れる!」と喜んで帰られました。
たいていの動物は何とか形にできるようになりましたが、一番困るのはゲームに出てくるキャラクターを作りたいと希望されるときです。聞いたこともない名前を挙げられて、何それ?とアタフタ( ;∀;)スマホで映像を出してもらって、なんとかそれらしいものを作れるよう頑張るのですが、どんどん新しいキャラクターが出てくるようで、毎回今年はどんな希望が飛び出すかドキドキしてしまいます。
毎年、今年はどんな作品を作ってもらおうかとあれこれアイデァをひねり出すのに苦労はしますが、参加者さんたちの思いもかけない新鮮な創造力に触れると、私の方もよい刺激をもらえてずっと続けてきてよかったと思います。
三時間足らずの短い講習会ですが、出来上がった作品を大切に抱えて、「楽しかった!」「また参加したい!」とニコニコ帰って行かれる姿を見ると、来年もまた楽しい講習会にできるよう頑張ろうと元気をもらっています。
スマホやゲームに時間を取られて、物づくりを楽しむ機会が減ったと懸念されていますが、やっぱり子供も大人も自分の手で何かを作り出す楽しさは変わっていないようですね!(^^)!

00192000.jpg

00191999.jpg

馬作品 (#^.^#)
2018年11月06日 (火) | 編集 |
少し前に注文いただいていた馬作品が出来上がってお届けできました。
ハーモニーファーム淡路のアイドル馬プラムのそっくりさんです。
プラムファンの会員さんからのご依頼です。
プラムは人間でいうともう80歳越えのおばぁちゃんですが、今もとっても元気で毎日レッスンで活躍しています。
小型の馬ですが、大人を乗せて障害を越えられるほどパワフルで賢くて子供からお年寄りまであらゆる会員さんに愛されています。
私も淡路島ではずいぶんお世話になりました。
ふわふわのたてがみと、ぬいぐるみのような可愛い姿がチャームポイントなので、その感じを再現したいと頑張りました。
幸い、とても気に入っていただけて、本当に良かったです!(^^)!

貝塚のファーモニーファーム野の花では、フロントに手作りの作品を販売するコーナーがあるので、そこにも私の馬や猫の作品を置いていただいています。
最近の一番人気は航太をモデルにした作品です。
白黒のはち割れ猫を飼ってる方が多いようで、うちの子そっくりと目を止めてもらっています。
小さな丸額の楽器を弾いている馬は最新作です。
最近は猫だけでなく、馬を作ることも増えました(*^^*)

00191990.jpg

00191989.jpg
00191994.jpg

00191996.jpg
00191998.jpg
00191997.jpg

00191991.jpg