fc2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
暑い日は炊飯器で米粉パンを焼こう!
2010年08月02日 (月) | 編集 |
ほんまに連日の猛暑には参りますね
寒がりで暑いほうが体調の良い私も、さすがに真昼に外出するのは少々しんどいです

でも、お家でパンを作るには、この暑さはもってこいです
寒い時は、パン種を保温するのが大変ですが、これだけ暑いとほうっておいても勝手に発酵してくれるので

でも、オーブンを使うと台所が蒸し風呂になるので、炊飯器を使ったパンを焼きます。

小麦粉ではなく、米粉を使った米粉パン。


大きめのボールに、米粉と砂糖、塩、米油そして水と白神こだま酵母を入れます。
普通のイーストでもおいしいパンが焼けますが、米粉のパンには、イーストよりも酵母の方がなじむようです。

米粉パンのいいところは、練ったりこねたりしなくてもいいところ。ヘラで2分ぐらいグルグル材料をかき混ぜるだけで大丈夫。

001543.jpg


今日は雑穀も入れてみました。

001546.jpg

この雑穀ミックスは、あらかじめ下処理されているので、レーズンを入れるような感覚で気軽に生地に入れられて、とっても便利です。

雑穀と生地がなじんだら、炊飯器にパン種を入れて、そのままふたを閉めて30~40分発酵させます。
寒い時期はここでの温度管理に気を使いますが、今の季節はどんどん発酵してくれます。
ときどき様子を見て、倍に膨らんだら、後は炊飯器のスイッチを入れるだけ。

001545.jpg

普通にご飯を炊く時と何も変わりません。
炊飯器のスイッチが切れたら、ふたを開けてしっかり火が通っているかチェック。
竹串をさしてみて生地がついてこなければ出来上がり。
ざるに乗せて荒熱を取ります。

001542.jpg


炊飯器で焼く米粉パンは、ちょっと昔懐かしい蒸しパンに風味が似ていて、フワフワ・しっとりしていてとっても優しい味です。
バターやジャムもいいですが、米が素材だけにきんぴらや出し巻き卵などの和風のおかずにもとっても良く合います。
卵や牛乳を入れずに焼くので、アレルギーのある人にも安心です。

お店で買ってくるパンも大好きですが、ときどき自宅で焼くこんな素朴なパンも大好きです。

炊飯器で気軽に焼けるパン。一度作ってみませんか?


      炊飯器で超簡単 「ふんわり米粉パン」
          
          多森サクミ著 家の光協会発行  1400円+税


001544.jpg

スポンサーサイト