我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
ニッパチは鬼門 (;一_一)
2011年02月27日 (日) | 編集 |
ニッパチ(二月と八月)はお客さんが少なくて、商売がうまくいかない時期だと言われますが、我が家のニャンズにも二月と八月は鬼門です(;一_一)

まず、隆太は毎年二月になると体調が崩れます。
鼻炎がひどくなって、食欲が落ちてしまいます。
今年も一月は絶好調で、私がどんなに忙しくしていてもお構いなしで「遊んで!遊んで!」と走り回っていたのですが・・・
二月に入ったとたん、くしゃみや鼻水がひどくなり、だんだん食欲も元気もなくなってきて。
先週は普段の半分も食べなくなって、何度か獣医さんのお世話になりました。
いつもは週二回の点滴を三回に増やして、ようやく段々に食欲も戻ってきたのですが。

今年は空気清浄機も置いて、10年使ってとうとうダウンしたエアコンも最新式のものに取り換えて、環境はバッチリ整えたので、鼻炎の症状も軽快するかと期待していたのですが。

001730.jpg

鼻炎を抑える点鼻薬ももらっているのですが、なかなか効き目が表れません。
猫は人間のように鼻をかむことが出来ないので、寝苦しそうにしていると本当にかわいそうです。
獣医さんもいろいろ治療法を考えて下さってるのですが、あまり強い薬は副作用も怖いので対処が難しいそうです。
室温と湿度に注意して、食事で摂れる水分が減る分を、自宅での点滴で補ってやるぐらいしかできないのですが、代わってやれるものなら代わってやりたいほど見ていて辛いです。
3月に入ると、不思議と症状は落ち着いてくるので、今はそれを待つだけです。

一方、健太は八月がダメです。
毎年7月の末ごろから食欲が無くなって、八月に入るとなだめすかさなければ食事を摂ろうとしません。
特に昨夏の猛暑には、すっかり参ってしまって、何とか食べさせようと大好物の削りたての鰹節をかけたり、あれこれ工夫してみましたが、ほとんど食べなくなりました。
月二回通ってくる粘土教室の生徒さんにも「健ちゃん、会うたびに痩せてきて、体の厚みが春先の半分になってしまいましたね・・・大丈夫ですか?」と心配されました。

少しでも過ごしやすくしてやりたいとクーラーをかけると、冷房嫌いの健太はかえって嫌がるので、とにかく部屋の風通しを良くして、ヒンヤリマットなども置いてやったのですが。
結局この時も点滴の量を増やしてなんとか切り抜けました。
今年も昨年ほどではないようですが、やはり暑さの厳しい夏になりそうで、今から憂鬱です。

不順な気候は、人間にも大きなストレスですが、体の小さい猫や犬はことさらにこたえるようです。

はやく穏やかで落ち着いた気候になって、元気を取り戻してくれますように!
スポンサーサイト