我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
カラスの襲撃 ( ;∀;)
2018年07月04日 (水) | 編集 |
先日、主人が「カラスに頭をつつかれた!」と青い顔で散歩から帰ってきました。
帽子をかぶっていたのですが、その隙間の部分を攻撃してきて、かなりの強さでつつかれたというのです。
後頭部の一部が少し赤くはなっていましたが、幸い傷はなく、大事にはいたりませんでした。

なんでもいつもの川沿いの道を普通に歩いていたら、いきなり急降下して攻撃してきたそうです。
どうやら巣立ったばかりの子ガラスが、道端の草むらに落ちていたようで、子供を見守っていた親ガラスが警戒して攻撃してきたようです。
突然頭をガン!と突かれて何が起きたのかわからず、仰天して振り返ると大声で鳴きながらカラスが急降下してきたので、あわててわき道にそれて逃げ帰ってきたそうです。

以前、友人のご主人が早朝長居公園の遊歩道を競走用自転車で走っていて、うっかりカラスの巣のそばを走り抜けたとたん、数羽の群れに襲われて首筋を突かれ、数針縫う大けがをしたことがありますが、まさか普通に歩いていて襲われるとは思ってもみませんでした。
間近に迫ってくるカラスは想像以上に大きくて、確実に帽子の隙間をねらってダメージを与えようとする攻撃性の強さに、ぞっとしたと言っていました。
今の時期は、ひなの巣立ちの時期のようでいつも以上に親ガラスの警戒心が強くなっているようです。
翌日散歩に出かけた主人は、カラスは執念深いからとあたりを警戒しながら歩いたそうです。
「悠太と航太にかたき討ちしてもらお」と二匹のニャンズに訴えていましたが、ベランダに来るスズメに脅されているような我が家の軟弱ニャンコでは、一瞬で返り討ちにされそうです( ;∀;)
スポンサーサイト