FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
祈りの灯
2020年12月27日 (日) | 編集 |
今年は東区のチャレンジアートの夏の工作教室も、冬の作品展も、様々な楽しいイベントがすべてコロナで中止になってしまいました。
こんな時期だからこそ、何か心の支えになるような物づくりを楽しんでもらいたいと、区役所の担当職員さんと私たち講師が知恵を絞り、アマビエの塗り絵で小さな灯篭を作るイベントを計画しました。
接触を避けるため、講師が用意したアマビエの塗り絵の原画をネット上からダウンロードしてもらい、彩色した作品は区役所に送付してもらうことにしました。
当初は60名限定で募集したのですが、初日で定員を超える応募があり、急遽定員を倍に増やしました。
最終的には、2歳から98歳の方まで150名近い方が参加されました。
寄せられた作品は、私たち講師が100均の透明ケースや、ろうそくのように揺らぐledライトを使って、小さな灯篭に仕立て、区役所の玄関前に12月23日から25日の三日間展示しました。
本当は早くに展示のお知らせをしたかったのですが、もし大勢の人が集まると感染の危険が増えるので、展示期間終了後のお知らせになってしまいました。
それでも作品を送付された方々が、家族や友人とそっと見に来て、嬉しそうに写真を撮っておられました。
塗り絵の余白には、皆さんそれぞれの想いを寄せ書きしておられましたが、「早くコロナがなくなって、またパパと会えますように」「マスクのいらない日が一日も早く来ますように」「お医者さん、看護婦さん、本当にありがとう」などと、切実な思いがあふれていて、涙がこぼれそうになりました。
家族や親しい人や、自分が感染するかもしれない、この先の生活が一体どうなるのか、仕事はどうなるのかなど不安は尽きません。そんなみんなの想いを込めた灯篭の灯が少しでも希望の光になりますようにと祈ります。

灯篭4

灯篭

灯篭3

灯篭2

スポンサーサイト