我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
にゃんとも猫だらけ展
2010年07月10日 (土) | 編集 |
木曜日に、jr京都駅伊勢丹7階の美術館≪えき≫へ、 「にゃんとも猫だらけ展」を見に行ってきました。

001521.jpg


        
            にゃんとも猫だらけ展

       美術館「えき」KYOTO 6月16日(水)~7月11日(日)
         午前10時~午後8時 最終日午後5時
           入館締め切り=閉館30分前


先日「こんな展示あるの知ってる?」とチケットを頂くまでこんな面白い展示があったなんて、全然知りませんでした。
「いい展示なのに、案外猫好きさんが知らなかったみたいよ。」とチケットを下さった方も言ってはりました。
最終日目前、ちょっといろいろ予定も入っていたのですが、なんとか時間をつくって飛んで行きました。

浮世絵に登場する猫たちを、これだけまとめて見られる機会はめったにないので、本当に興味深く、楽しい展示でした。
浮世絵には、よく猫が登場しますが、なかでも大の猫好きで、作業場にもつねに複数の猫がたむろしていたといわれる浮世絵師の歌川国芳の作品を中心に、約120点展示されていました。
歌川国芳は、群衆の中に自分の似姿を描きいれることが多かったそうですが、常にそばに猫を描き加えています。今回の展示にも、後姿の国芳の背中に、猫がちょこんと乗っていました。

どの作品の猫もいきいきしていて、江戸時代の人々の生活のなかに、猫たちが親しく溶け込んでいた様が伺えます。
浮世絵の猫には、 耳が小さくておでこが広くて、尻尾が短い という、日本猫の特徴がよく表れています。

飼い猫の尻尾は、どれも見事に短いのに、化け猫や妖怪猫の尻尾は長く描かれ、さらに二股に分かれているのが面白かったです。
 私の祖母などもよく「尻尾の長い猫は、尻尾が二股に裂けた猫又になる」とか
「自分の頭が叩けるほど尻尾の長い猫は化け猫になる」といって、尻尾の長い猫を嫌がっていましたが、そのルーツは江戸時代にあったのかも。

尻尾の長い猫が産まれてくると、化け猫にならないように子猫のうちに尻尾を短く切ったとも言われていますが、浮世絵の猫の尻尾のなかには、先端をぷっつり断ち切ったような猫が何匹も見受けられましたから、本当に切っていたのかもしれませんね。

私のお気に入りの一枚はこれです。

001522.jpg


美女のあごに、何の遠慮もなくカプリッと噛み付いている猫!
「おお、いたい」と題されていますが、当の美女は怒るどころかうれしげにさえみえます。
「やぁねぇ。おまいさん!そんなところに噛み付いちゃだめじゃないの~」と甘い声が聞こえてきそうで、いっそ妖艶に見えます。
しどけなく座る遊女の懐や、着物の裾に入り込んでいる猫など、ほんまいつの時代も猫たちはやりたいほうだいです(笑)
人間の側も「困った子ねぇ」とか言いながら、まんざらでもない笑みを浮かべているのは、昔も今もかわりませんねぇ。

猫を擬人化した作品も多くて、職人尽くしなど、ほんとにおもしろかったです。

001523.jpg

この絵葉書の船頭さん猫、ちょっとうちの健太に似てませんか(笑)
しっかり赤褌しめて!
裾をはしょった色っぽいあねさん猫は、隆太に似てます(*^_^*)隆太、男の子ですけどね(笑)

時間を気にしつつも、すっかり見入ってしまいました。
2時間近く、江戸の猫たちに心奪われる楽しい展示でした。

いつかこの浮世絵の職人猫を、粘土で作ってみたいな。

もう、明日が最終日ですが、お時間ありましたら是非お出かけくださいませ。

素敵な展覧会を教えてもらって、ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
猫の擬人化、素敵ですね。こんな絵が描けるといいのになぁ。
2010/07/10(土) 22:41:09 | URL | まーや #-[ 編集]
自分は観に行ってませんが
猫好きの方にこんなんありますよ~って紹介したら
その方も知らないようでした!
電車の中吊りとか駅の広告ポスターで結構宣伝されていたのですが
気づかれないもんなんですねw
ねこですねんさんなら絶対知ってると思ってましたw
無事行かれたとのことでよかったです!
この猫の擬人化のやつすごい良いですね~!
こういうのすごく好きですw
2010/07/11(日) 18:58:21 | URL | 有沢 #4ifQ3KdE[ 編集]
楽しい猫たち♪
こんにちは~!コンペイトウさんの行かれたんですね。
私はしっかり前売り券まで買って・・・
猫仲間(?)と最終日に行って来ましたよ。

人間くさい猫たちの表情が興味深くて・・・
じっくり見てても見飽きない面白い世界でしたね~♪
帰りには・・・「江戸猫」という本まで買ってしまいました。(^^ゞ
2010/07/12(月) 22:09:37 | URL | いつか #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まーやさん、こんばんは(*^_^*)

浮世絵の猫たちは、現代の作品とはまた違った味があって、とても楽しかったです♪
いつの時代も、猫はいろんな格好で活躍してるようです(=^・^=)
2010/07/13(火) 21:15:16 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
有沢さん、こんばんは(*^_^*)

ほんと、意外なほど知られてなかったようです。
近鉄とか、京阪の電車には中吊り広告出てたんですね☆
駅のポスターにも気づいてなくて、お知らせもらって本当に良かったです(=^・^=)
浮世絵の猫は、とっても粋でしたよ☆
2010/07/13(火) 21:17:58 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: 楽しい猫たち♪
いつかさん、こんばんは(*^_^*)

私は全然気づいてなくて・・・
滑り込みで見にいけてほんとに良かったです(=^・^=)
江戸猫という本は、アマゾンからのお知らせで購入していたので、今回その原画が見られてすごくうれしかったです♪
いつの時代も猫たちは創作心をくすぐるようですね(=^・^=)
2010/07/13(火) 21:21:40 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック