我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
7回目の夏
2010年08月30日 (月) | 編集 |
今日8月30日は、コンペイの7回目の命日でした。

コンペイと共に暮らした21年間は、子育てや親の看取りや、夫婦間の軋轢など、私の人生の中でも一番の激動期でした。

家族にも友達にも言えない愚痴をたくさん聞いてもらいました。
ただそこにいてくれるだけで、心休まる存在でした。

コンペイはごく普通の猫だったけれど、私にとってかけがえのない相棒でした。

21年の天寿を全うして、煙になっていくコンペイを待つ間、お寺の境内で呆然と見上げた空は、泣きはらした目には痛すぎるぐらいの、澄んだ青い青い空でした。
まだ夏の名残りを残しながら、忍び寄る秋の気配を抱いた空には雲ひとつなく、7年たった今も忘れることのできない青さでした。

7年の時間と、6年前にうちの子になってくれた隆太と健太のお陰であの日の辛さはずいぶんと癒されました。

でも、あの日心にできた隙間はきっと生涯埋められないし、無理に埋めることもないと思っています。

私の心に空いた、小さな猫の形の隙間を大切に抱えて、これからも暮らしていきます。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
そうですか。
コンペイさんは暑い夏の終わりに逝ってしまったのですね。
私も今まで3匹の犬猫を送りましたが
毎回、耐えがたい辛さです。
自分が死んだ方が楽なんじゃないかと思うくらい。
きっとこういうのは消えたりしないんだろうなと思いました。
「猫形の隙間」・・・
深くてステキな言葉ですね。
心に沁みました。
2010/08/31(火) 00:33:58 | URL | ミィさん #-[ 編集]
いつかは来る避けられないモノとわかってても。。。
コンペイちゃんはねこですねんさんと
過ごせて幸せだったんだろうな~と感じました
隆ちゃん健ちゃんもかけがえのない
存在になっていくのでしょうね!
お互いにおしみない愛情を注いでいきましょうね(^-^)
2010/08/31(火) 00:37:52 | URL | うらちゃん #-[ 編集]
きっといつまでもお母さんのそばにいると思います。
21歳とそのあともずっと思ってもらえてしあわせな子ですね。
2010/08/31(火) 07:48:21 | URL | もも太 #-[ 編集]
ウチは一昨年の秋に実家のワンコとお別れしました。
彼はまさに母の相棒でした。
辛かったけれど…家族みんなで彼の死を乗り越えるため
葬儀もやって火葬し、見送りました。
その翌年に私は妊娠…年末に祖母が他界しました。
そして年が明け出産。母になって
少なからず生死に対する気持ちが変わった気がします。
きっと…愛した家族は悲しみだけを残して去るわけではないんですよね。
見送る家族がこの先もちゃんと生きてゆけるよう
彼らは優しい気持ちもちゃんと残してくれてるんだと思います。
だから…それを拾えないほど悲しんじゃいけないんだと
私は勝手に思っています。
新たに隆ちゃんと健ちゃんとの時間を大事になさっていること
とても素晴らしいと思います。
いつか私にもその優しさ強さが身につくよう今はユッケ達と
大切な時間を過ごしてゆきたいと思います。
2010/08/31(火) 08:09:00 | URL | ナナやん #-[ 編集]
コンペイさんはとても幸せな子ですね^^
私には3年前に12年間一緒だったセキセイインコの
夢ちゃんがいてました。
私にとっては辛い時、悲しい時に愚痴を聞いてもらったり、
親の離婚や引っ越しなども一緒に乗り越えてきた
私の大切な姉妹でした。
最後の日の事は今でもはっきりと覚えています。
心に大きな穴があいたあの感覚も。
その後、オカメインコのももちゃんを迎えて
この子の天然さに癒されてとても救われました。

この記事を読んでいるとどんどん涙が出てきました。
開いてしまった穴を無理に埋める必要はないですよね^^
私も大切に抱えて、生きていきますね^^
2010/08/31(火) 23:27:07 | URL | オオタキ #aYcvy95I[ 編集]
コンペイちゃんは、今でもしっかりと、ねこですねんさんのv-238
支え続け、生き続けてるんですね…v-22
こうして毎年思い出してもらえるだけで、物凄く喜んでくれていると
思うし、とっても幸せな存在だと思います…。
これからもずっと、ねこですねんさんのv-238の中で、
元気に活躍し続ける事でしょうね…。
2010/09/01(水) 16:12:19 | URL | いすゞ #4ZM5huvM[ 編集]
Re: タイトルなし
ミィさん、こんばんは(*^_^*)

天寿全うするまで看取っても、やはり耐えがたい辛さですね。
人よりも短い生を生きる生き物と暮らす宿命かもしれません。
でも、先日高齢の方が、自分が先立った後に愛猫や愛犬を残していく心残りと心配を訴えておられて、その辛さもわかる年代に自分もさしかっかってきたのだなと考えさせられました。
願わくば猫も犬も人も、その生を健やかに全うしたいものです。
2010/09/01(水) 21:35:58 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うらちゃんさん、こんばんは(*^_^*)

理性では、避けられないその日のことはわかっているつもりですが、いざ直面するとすごく辛いですね。
わかれがあるからこそ、共に生きる日々をいっそう大切にしたいと思います。
気がつけば隆太も健太もかけがいのない存在になっています。
2010/09/01(水) 21:39:15 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
もも太さん、こんばんは(*^_^*)

もう7年になるのに、いまだになにかの拍子にコンペイの気配を感じます。
私が忘れない限り、コンペイは存在し続けるのかもしれません。
2010/09/01(水) 21:41:08 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ナナやんさん、こんばんは(*^_^*)

お母様、まだまだお辛いでしょうね。
ナナやんさんのおっしゃるとおり、別れを悲しみすぎて、そこにとらわれてしまうと亡くなった子たちは心配でいつまでもさまようような気がします。
共に暮した年月の優しさ暖かさを大切にして、また新しい出会いを受け入れられる強さも大切ですよね。
隆太と健太のお陰で、コンペイやクロスケとの思い出が、一層素晴らしいものになっていると思います。
2010/09/01(水) 21:47:56 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
オオタキさん、こんばんは(*^_^*)

セキセイインコの夢ちゃん、本当に長生きされたんですね。
オオタキさんと夢ちゃん、おたがいにかけがえのない大切な存在だったのが伝わってきます。
別れが辛いから、もう生き物とは暮せないという方もいますが、私はやはり新しい出会いを受け入れていきたいと思います。
次の子を迎えることによって、亡くなった子と暮した日々がさらに深く素晴らしいものになると信じています。
長い人生、たくさんの別れがあって、心に小さな隙間が増えるかもしれませんが、その隙間を大切に抱えていくのが生きていくということなのかなと、最近しみじみ思います。
2010/09/01(水) 21:57:32 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いすゞさん、こんばんは(*^_^*)

7年たっても、やはりふとした拍子にコンペイの気配を感じます。
私が忘れない限り、コンペイはずっと身近にいてくれるのだと信じています。
母は亡くなる直前、可愛がっていたたくさんの犬や猫たちが自分の周りに降りてくる幻を見ていたようで、「昨日はあの子が来てくれた。今朝はこの子がいる。」と、遠い昔に旅立った愛犬や愛猫の名をくちずさんで、とても穏やかな表情をしていました。
2010/09/01(水) 22:02:33 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック