我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
朝の虹!
2010年12月09日 (木) | 編集 |
今朝、7時半過ぎに、ふと窓の外を見ると北の空に虹が出ていました

001673.jpg

早朝の虹なんて珍しいなと見とれていたら、どんどん鮮明になって、色数も増えていきます

001672.jpg

よく見ると、もう一本左側にもうっすらと虹の橋がかかっています。

001674.jpg

見事な虹の二重橋!

朝から素敵な光景がみられて、なんとなく嬉しい一日の始まりになりました

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
朝からこんなきれいな景色をみれたら
1日ご機嫌ですね♪
今日、私がみた景色は職場の窓から見る
大荒れの海でしたwww
2010/12/09(木) 20:38:41 | URL | ごろてつ #-[ 編集]
虹が二つ出るなんて、初めて見ました。縁起がよさそうですね!
2010/12/10(金) 07:34:56 | URL | まーや #-[ 編集]
そんな事あるんですね☆私も見てみたかったわ^^

虹と猫をかけた作品も(考えるだけで可愛い♪)作ってください!という神様のお告げでは??
2010/12/10(金) 13:23:01 | URL | うさ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
ごろてつさん、こんにちは(*^_^*)

虹って、みかけるとすごくうれしいのですが、朝の虹はほんと珍しいです(=^・^=)
朝日のせいか、夕虹よりもさらに鮮明できれいでした☆
最近、突風が吹いたり、気象現象激しいですよね(・_・;)
2010/12/12(日) 14:08:22 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まーやさん、こんにちは(*^_^*)

二重虹は、どちらかかがとても薄いので、出ていても気づかれないことが多いようです。
特に都会では空が狭いので、建物の陰になってしまったりしそうですね(^_^;)
中国では虹は怪物の吐く息でできているといって、怖いもののように言い伝えているそうですが、日本では吉兆ですよね(=^・^=)
2010/12/12(日) 14:11:54 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うささん、こんにちは(*^_^*)

虹は短い時間で消えてしまうので、見られるとすごくラッキーな気分になります。
月の光でできる夜虹(白虹)というのもあるそうですが、きっと神秘的でしょうね☆

天使猫が、虹の橋に七色のペンキを塗ってる作品、作ったことあります(=^・^=)
梅雨明け間近の図書館展示で、子供たちに喜ばれたようです♪
2010/12/12(日) 14:15:40 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
縁起物ありがとうございます。はっきりした虹ひさしぶりです。
2010/12/13(月) 11:15:41 | URL | もも太 #-[ 編集]
2重に掛かった虹は、自分も見た事が無いので…とってもキレイで、
貴重な写真ですねv-10
幸せのおすそわけ、ありがとうございましたv-22
2010/12/13(月) 17:11:28 | URL | いすゞ #4ZM5huvM[ 編集]
Re: タイトルなし
いすゞさん、こんにちは(*^_^*)

淡路島では見たことありますが、大阪市内ではほんと、珍しいですね☆
二重にかかっていても、建物に邪魔されて見えないかも・・・
ちょうどマンションの棟の間にかかっていたのがラッキーでした(=^・^=)
飛行機に乗ると、円形の虹が見えるそうです。
一度見てみたいものですね☆
2010/12/14(火) 18:01:03 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
もも太さん、こんにちは(*^_^*)

夕方の虹に比べて、朝日に照らされての虹は、色彩がとってもはっきりしていて、本当にくっきり見えました(=^・^=)
これだけはっきりした虹は、私も久しぶりです。
火曜の夜には、偶然流れ星も見ました☆
なんかいいことあるかな(笑)
2010/12/16(木) 10:42:46 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック