我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
大震災
2011年03月13日 (日) | 編集 |
今度の大震災は、時間が経過するにつれてその被害の甚大さが判ってきて、ニュースを見るたびに胸がつまります。
ことに津波の被害のすさまじさには、呆然とするばかりです。


私の祖母は、南海大震災の時、和歌山の和歌の浦に住んでいました。
近くの柱にすがりつかないと立っていることもできないほどの激しい揺れの中、地雷というのでしょうか、青白い火の玉のようなものが、座敷中を転げ回ったそうです。
祖母の足首をかすめた火の玉は、熱くはなかったそうですが、産毛が逆立つようなピリピリした嫌な感じだったそうです。

激震が収まって、ふと窓の外を見ると海の水平線まで海水が引き切って、異様な光景だったそうです。
そして次の瞬間、真っ黒な巨大な波が押し寄せてきたそうです。
それは波というよりも、黒い巨大な山が押し寄せてくるようだったそうです。

幸いにも、山の中腹にあった祖母の家は、津波の直接的な被害は免れましたが、その恐ろしさは一生忘れられないと、よく言っていました。


今回の大震災のニュース映像を見るたびに、祖母が繰り返し語っていた津波の恐ろしい光景を思いだします。
もしこの地震が東南海でおこっていたら、大阪の沿岸にもすさまじい津波が押し寄せていたでしょう。
これは、明日わが身におこってもおかしくないことなのだと思うと、胸が苦しくなるほど怖いです。
遠い地でおきた他人事だとはとうてい思えません。

自然の脅威の前に、人が出来ることなどしれていますが、万一の時、少しでも生き延びられるよう改めて備えをしなければと思います。

どうか一日も早く余震が収まって、これ以上の被害が出ませんように!
そしておひとりでも多くの命が救われますように!



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
実は知人が気仙沼に住んでいます。
携帯にメールしましたが返信がありません。
電話しようかとも思いましたが、繋がらなかったらと思うと怖くて怖くて電話できていません。
うちは南港の11階だから津波が来ても浸水は大丈夫。なんてタカをくくっていましたが、そんな甘いものじゃなかったです。
猫がいるから逃げることもできないなぁと・・・。
水と食料の備蓄だけでも怠らないよう、準備していこうと思いました。
被害に遭われた方たちの心労を思うと胸がつぶれそうです。
せめて募金と一生懸命祈るばかりです。
2011/03/13(日) 23:01:23 | URL | ミィさん #-[ 編集]
ミィさん、こんばんは(*^_^*)

気仙沼の御友人の無事を心からお祈りします☆
姪の夫が福島の第二原発に勤めています。
姪は7月に出産予定の妊婦です。
なかなか連絡がつかなくて、義兄も本当に心配したようですが、なんとか無事でいるとのメールが届いたそうです。
でも、その後の連絡はつかないようで。
自然の脅威は常に人の想定を上回ります。
我が家も川の近くなのでマンションの上の階だからと言って安心できません。ニャンズを連れて避難所に行くのは難しいですし。
人も猫もとりあえず半月は暮せるだけの備えはしていますが、それでも万一のときはどうなるか・・・
胸の苦しくなる日々ですが、どうかおひとりでも多くの命が救われますように!
2011/03/13(日) 23:13:10 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
11日はうちも結構長い事揺れてましました。
被災されている方がお互い助け合っている姿を見るたびに日本人っていいなと思います。今は備蓄がある血液ですが献血依頼があったらすぐ駆けつけるつもりです。
2011/03/13(日) 23:26:22 | URL | もも太 #-[ 編集]
ほんとに・・・
もうニュース見てると辛くって。
あまりにも凄惨な映像に泣けちゃいます
津波は本当に怖いんだと。
和歌山の友達のとこも「ここまで波が来たんやって」と
手を伸ばさなきゃいけないとこにある印を見せてくれました。
神戸で海はすぐ近くだけども若干坂の上だから大丈夫~
とか思ってましたが、わかんないですね・・
もう一度色々準備しなきゃなあと思ってます
2011/03/14(月) 01:25:11 | URL | ぬが~ん #-[ 編集]
私は東京ですが、震度5でかなり揺れました。
今も余震があります。

正直、死ぬかと思いました。何かもう、抵抗できないすさまじい力で「運には絶対に逆らえない!!」みたいなものをすごく感じました。

揺れがおさまったら、今度は家族の事がものすごく心配になり・・・
でも通信手段は途絶えて、そしてまだ揺れて、怖くて1人ではいられなくなり、同じマンションの知人の部屋に行ってしまいました。
1人じゃないって事だけで、本当、心強かった。
ねこですねんさんからのメールも、本当に嬉しかった。ありがとうございます(涙)

帰宅難民になったうちの母も、夜中に受け入れてくれたホテルのロビーで、人の温かさ、無料でくれたスープの温かさに涙が出たとか。

まだ安否が分からない家族がいる人を考えると、心が痛みます。
これからは、私も誰かに何かをお返しして生きていきたい!なんて強く思っています。
2011/03/14(月) 11:59:22 | URL | うさ #-[ 編集]
神奈川なのに、どこへ行っても商品が品薄で、どうすればよいやら。。。
2011/03/14(月) 14:01:59 | URL | まーや #-[ 編集]
Re: タイトルなし
もも太さん、こんばんは(*^_^*)

娘の職場でもみんな自分がめまいでもおこしているのかと思うような揺れだったそうです。
私は淡路島にいたのですが、普段は従順な馬が、ちょっと制御が難しいほど荒れて、レッスンを中止しました。馬から降りた直後に、淡路島でも津波警報が発令され、サイレンが鳴り響いて、物々しい雰囲気になりました。
でも、フロントでテレビのニュースを見るまで、まさかこんな大地震が起きているとは思いもよりませんでした。
私も献血したいのですが、不整脈の薬を飲んでいると受け付けてもらえないとか。
でも、出来ることを探してささやかでもなにかお役にたちたいと切望しています。
2011/03/15(火) 18:04:52 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: ほんとに・・・
ぬが~んさん、こんにちは(*^_^*)

ほんとに、繰り返し報道される津波の映像を見るたびに、この波の下に、いったいどれほどの命が飲みこまれてしまったのかと、全身に震えが走ります。
海岸には、収容される手立てもないままの御遺体がたくさん漂着しているそうです。
自然の脅威の前ではいかに自分たち人間が無力か思い知らされる毎日です。
想定外という言葉が繰り返されますが、自然の力は常に人の想定など簡単に覆してしまうものなのだと、粛然とした思いにとらわれます。
2011/03/15(火) 18:11:59 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うささん、こんにちは(*^_^*)

本当に恐ろしい思いをされましたね。
御家族も無事お帰りになれて本当によかったです。
東京も大変な状態になっていると知って、矢も楯もたまらずうささんにメールを送り、ご無事とのお返事を頂くまでの時間の長かったこと・・・
こんな時こそ人と人のいたわりあいが心にしみますね。
まだまだ大変な日々と思いますが、どうかお気をつけて。
2011/03/15(火) 18:16:57 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まーやさん、こんにちは(*^_^*)

全国的に物流が滞ってきたようです。
今日宅配された生協の商品にも、地震の影響で欠品になったものがいくつかありました。
これからさらに厳しい状況になりそうですが、限りあるものを分け合ってしのぎたいものです。
まーやさん、大変な日々ですが、どうかお大事になさってくださいね。
2011/03/15(火) 18:20:13 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック