我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
始まりました(=^・^=)
2011年07月21日 (木) | 編集 |
大型台風の接近で、一時はどうなることかと心配しましたが、尼崎の猫展無事開幕です


会場の前に立つ、看板猫さんです♪

001821.jpg

今度の会場は、奥行きがとても長いので、お祭り猫のおみこしも参道も、夜店も全て一列に展示が出来て、お祭りの雰囲気がよく出ています。

001820.jpg

中央の台には、過去の懐かしい作品や、個展には登場していない作品を出しています。

001818.jpg

大きなティラノザウルスは、ジュラシックパークが人気をはくした頃の作品です。
このサイズの作品は初めてだったので、かなり苦労しましたが、迫力のある恐竜ができて嬉しかったです。
図書館に展示してもらっていた時、館内の電気を消したら恐竜の目が光って、仕事帰りの館長さんを驚かせてしまいました暗くなると光る粘土を恐竜の目に使っているのを伝え忘れていたのです


こちらの袋物は菊地さんの作品です。

001817.jpg

全て手描きです。尻尾がバックの閉じ紐になっていたり、デザインがすごく可愛いです。
こちらの革のバッグは、大人も持てるデザインで、でも、よく見ると猫の姿になっていて、とてもユニークです。

001819.jpg

菊地さんとの合同展ですが、もうおひとりカルペディウムの店長さんにもご協力お願いしています。
カルペディウムは、出屋敷駅近くの雑貨のお店で、オリジナルの猫グッズや素敵なデザインのコスプレ用の衣装も制作販売してはります。私も作品を置いてもらっています。

001816.jpg

001822.jpg

近々このデザインのメイド服を着せた猫を作って、お店においてもらう予定です

場所が判りにくいのですが、初日から先日の個展で猫ご縁の出来た方が来て下さったり、いつも初日に来て下さる方が今回も訪ねて下さったりで、本当にありがたいです。
素敵なお花まで頂いてしまいました

001815.jpg

毎日新聞や産経新聞の地方版にも思いがけないほど大きな記事を載せていただいたり、今日は神戸新聞に会場のカラー写真入りで紹介記事を載せていただきました。
本当にお役に立てるのだろうかと、ドキドキしながらお引き受けした展示ですが、いつもと違ったお客様も来て下さってるようで、ちょっとホッとしました。

001823.jpg

来週火曜日まで、少しでもたくさんの方に楽しんでいただけたら嬉しいです。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
あらら!ねこですねんさん、新聞に載ったの?青いシャツの人???手にはぬいぐるみ?猫がバイクに乗っているのは何だろう?ねこですねんさんって、すごい人だったのですね!尊敬です。私も行ってみたい。。。
2011/07/22(金) 19:07:00 | URL | まーや #-[ 編集]
前にゃさん、新聞に掲載されたんですねv-237
すご~いv-218
この新聞の効果で、多くの方々に会場へ足を運んでいただけると、
とっても嬉しいですねv-238
それにしても…過去にティラノザウルス作られた事があるって
いうのにはビックリしましたし、また、それがとってもリアルなのにも
またまたビックリしてしまいましたv-12
2011/07/25(月) 19:18:34 | URL | いすゞ #4ZM5huvM[ 編集]
Re: タイトルなし
まーやさん、こんにちは(*^_^*)

いえいえ(^_^;) 展示会場と主催が尼崎市の公的な機関だったので、記事になりました(笑)

ぬいぐるみのような大きな猫は、クリスマス展用に制作しました。大きな作品を作っている友人の作家さんに弟子入りしていろいろ教えてもらいつつ作ったものです(=^・^=)
バイクの猫は、チョロQと同じ原理の動く玩具に猫を乗せました。
蕎麦屋さんや、郵便屋さん、暴走族(笑)などいろいろバリエーションがあります☆
2011/07/28(木) 16:24:20 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
いすゞさん、こんにちは(*^_^*)

尼崎の公的な機関主催だったので、記事になりました(^_^;)
確かに新聞記事効果は大きくて、記事の切り抜きを持ったお客様が大勢来られました(=^・^=)

子供のころから恐竜も大好きで、一度大きな恐竜作ってみたかったんです♪
ジュラシックパーク意識して、思いっきりリアルに作ることに挑戦してみました。
図書館に飾ると、子供たちがすごく喜んでくれます☆
2011/07/28(木) 16:29:54 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック