我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
ちょっとレトロに (=^・^=)
2012年01月11日 (水) | 編集 |
作り初め第二弾は、ちょっとレトロな猫たちです。

0018907.jpg

まずは人力車
首の手ぬぐいがポイントです(笑)

0018910.jpg

こちらはリヤカー。若い方は、「リヤカーってなに???」と首を傾げはるでしょうが
私が子供のころは、一家に一台、リヤカーは必需品でした。
普段重い荷物を大量に運ぶのにとっても便利でしたし、引っ越しにも大活躍でした。
我が家では、当時大きなシェパード犬を飼っていたのですが、病気になった時はリヤカーにむしろを敷いて犬を寝かせて獣医さんに運びました。
一般家庭だけではなく、お店や工場でも荷物運びに大活躍でした。人が引くだけでなく、自転車でリヤカーを引くと相当大量に重い荷物が運べました。

リヤカーに荷物を積んで、世界旅行をした探検家もいましたね。

自動車のようにガソリンも使わず、とってもエコで便利な道具でした。
最近、通販生活に折りたたみ式の、カラフルなリヤカーが紹介されていたので、これからの時代また見直されて使う人が増えるかもしれませんね。

お次はこちら

0018908.jpg

駕籠です。
駕籠かきにはずいぶん無頼の徒もいて、駄賃の上乗せを強要したり、追剥に変わるやからもいたようですが・・・
猫の駕籠かきさんはどうでしょう
くたびれたからと言って、途中で駕籠を放り出して昼寝してしまうかも(笑)

人力車もリヤカーも、駕籠も、京都のさんせいさんの紙模型です。
とても紙に見えないしっかりした作りですが、特殊な厚紙に印刷された部品をくりぬいて組み立てます。
大きさが手のひらサイズなので、組み立てに根気とコツは要りますが、とってもいいデザインで、楽しいシリーズです。
何より私の猫サイズにぴったりなので。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
レトロな雰囲気な猫さん達も素敵ですね。子どもの頃は、ワンちゃんを飼ってたんですか。
2012/01/12(木) 11:55:46 | URL | まーや #-[ 編集]
駕籠カワイイですねv-10
前にテレビでやっていたのですが、お殿様に献上する氷なんかは、命がけで運んだとか・・・
でも、にゃんこなら、そんな歴史もほんわか消してしまいそう^^

あ、「日本昔話ばなし」シリーズも楽しみにしていますよ~☆(個人的なリクエストです^^;)
2012/01/16(月) 17:35:11 | URL | うさ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
まーやさん、こんにちは(*^_^*)

実家では犬もずっと一緒に暮らしていました(=^・^=)
鶏や鳩、文鳥やカナリヤ、ハツカネズミまでいましたよ♪
私が生まれる前は、ヤギもいたそうです(^_^;)

まるで動物園ですね(笑)
2012/01/17(火) 14:47:51 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
Re: タイトルなし
うささん、こんにちは(*^_^*)

あ、その番組私もファンでいつも見てました♪
ニャンコの駕籠に頼んだら、氷がお湯になってたりして(笑)

昔話シリーズもいいですね!
マサカリ担いで熊に乗ってる金太郎猫は作ったことあるんですが。
いろいろ楽しいの考えてみますね(=^・^=)
2012/01/17(火) 14:52:13 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック