我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
悠太、行方不明事件!
2012年11月22日 (木) | 編集 |
先日ガス器具の定期点検がありました。

見知らぬ人を怖がる悠太が、点検作業の方を怖がると思い、作業が始まる前に奥の部屋に避難させました。
作業員さんにも、猫がいる旨を伝えて、必ずドアを閉めての点検をお願いし、作業員さんも快く応じて細心の注意を払って静かに手早くすませてくれました。

10分ぐらいで作業が終わったので、悠太を奥の部屋に迎えに行ったら姿が見当たりません。
隠れられそうな棚の上や、机の下などをのぞきこんで探してもどこにもいません。

名前を呼んでも気配もありません。

作業中、私もずっとついていてドアや窓に注意していましたから外に出ていくはずはないのに、家じゅうどこを探しても見当たりません。

もしかして、一瞬のすきをついてベランダに出てしまったかとお隣のベランダまでのぞきこんで探しましたがどこにもいません。

初めはどこかから姿を現すだろうと思っていたのですが、押し入れの中にも見当たらないとなるとさすがに平静でいられなくなりました。

これは本当にどこかから室外に逃走してしまったのかもと、冷たい汗が背中を流れ、心臓がドキドキしてきました。

必死で悠太の名前を呼んであちこちをのぞきこむ私に、健太も異常を感じたのか、不安そうにウロウロします。
いよいよ悠太行方不明と家族に連絡を入れようと携帯を手にとった時、健太がしきりに押し入れの中をうかがっているのに気付きました。

押し入れの中は、すでに布団まで取り出して探したのに悠太の姿はなかったのですが、健太がふすまを引っ掻くので念のためともう一度のぞいてみました。
相変わらず悠太の姿はありませんが、微妙に布団の形が変わっているような・・・
急いで布団を出して広げてみたら、悠太がまるで巻き寿司の具のように布団の一番奥に隠れていました。

「なんでこんなとこにはいったの!」と安堵半分散々心配させられた腹立ち半分で問いかけても、悠太はキョトンとしたまま布団にはりついています。

作業員さんの大きな道具箱などがよほど怖かったのか、せっかく避難させた奥の部屋を抜け出して押し入れに飛び込み、それでも不安でしゃにむに布団にもぐりこんで出られなくなっていたようです。

「ほんまに手のかかるお子さんやなぁ!」と言いたげな健太の後をついて台所に来た悠太は、行方不明事件など全く意に介さず、ご飯のおねだりをしていました。

そういえば隆太にも同じようなことがありました。
悠太と違い、人みしりは全くない隆太でしたが、その日はちょっと大きな家具の入れ替えがあり、その作業後に今回とまったく同じようにどこにも姿が見当たらなくなりました。
作業中、何かの拍子に外に出てしまったかと青くなっていたら、どこからか出て来て健太と並んで座っていて、安堵で腰が抜けそうになったものです。あの時は結局隆太がどこに隠れていたのか判らないままだったのですが、案外今回と同じように布団の奥にもぐりこんでいたのかも。

姿形が似ていると行動まで似てくるようです。

それにしても、本当の行方不明事件でなくて何よりでした。

上の二枚の写真が悠太。

00191080.jpg

00191079.jpg


こちら二枚の写真が隆太。ほんとにこうしてみると姿も行動も瓜二つです。


00122.jpg



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック