我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
節句のお茶会
2013年05月13日 (月) | 編集 |
今年の連休は父の容体を心配する辛い日々でしたが、父が倒れる少し前に、知り合いのお宅の五月人形のお茶におよばれしていました。

そのお家は年中お飾りが普通にされている所で、基本非公開ですが、好きな方々には、日本文化伝承のため、サロンドイベールという名前で、予約で公開されています。

雛祭りはもちろん、七夕や菊の節句も素敵です。
私は何度か伺ってますが、今年特に嬉しかったのは、そちらで見た、神坂雪佳という日本画家の展示会が今、京都の高島屋で開催されている!という事です。
しかも、そちらの御宅で拝見したのは、珍しい端午の節句柄でした。
美術展や硝子貼りの向こうで見るのと違い、個人宅で、普通に飾られてるのは、とても感動です。

もちろん、メインの五月人形や、他の掛け軸、全てのコーディネートが本当に素晴らしく、出していただいたお茶のセッティングも、流行りのテーブルコーディネータ-さんに学んでもらいたいほどオリジナリティーのあるものです。

機会があれば、是非多くの方に見ていただきたいです。

猫大好きのわたしにとってなにより嬉しいのは、そちらのお宅には、浮世絵師、歌川国芳を彷彿させる、猫の菖蒲湯のミニチュアがあることです。

今秋の個展のために私も猫の銭湯を制作中なので、今回もしっかり拝見してきました。

節句飾りや、神坂雪佳、ミニチュアの猫の菖蒲湯に興味のある方、上手くご都合が合えば、見学会をセッティングさせていただきます(=^・^=)


00191214.jpg


00191215.jpg


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック