我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スマホ、始めました (^_^;)
2015年03月18日 (水) | 編集 |
ガラケーでも、機能の半分も使ってないので、この先もずっとスマホにかえることはないと思っていたのですが・・・

無料で使っていたアプリが、4月から有料化されるとのお知らせが届き、計算してみるとスマホに変える方がかなりお得なので、とうとうガラケーを手放すことにしました。
携帯会社の戦略に落とされたようで、ちょっと悔しいのですが( ..)φメモメモ

ゲームをするつもりはないので、とにかくシンプルで使いやすい物をと、シンプルスマホ2にしました。
基本的にはガラケーとほとんど変わりがないようなので、ちょっとホッとしましたが、それでも数日はマニュアルと首っ引きで、週末に帰宅した娘にさんざん教えてもらって、どうにか使えるようになりました(^_^;)

画面が大きくなったのと、周りがうるさくても電話の声がはっきり聞こえるのは、老化し始めた目と耳にはありがたいです(笑)

それから、カメラの性能がよいのもびっくりです。
ガラケーのカメラは、シャッタースピードがちょっと遅くて、ニャンズの写真を撮ろうとすると、尻尾しか写ってないということも多かったのですが、スマホのカメラは本当にシャッタースピードが速いです。

早速悠太と健太の写真を撮ってみました(=^・^=)
悠太がなぜか実物より三割増し男前に写りましたが、あくび写真もしっかり撮れました(笑)
カメラ嫌いでなかなかまともに撮れない健太の写真もいい感じです(=^・^=)

まだまだ使いこなすには程遠い感じですが、ぼちぼち慣れていきましょう(=^・^=)

00191468.jpg

00191466.jpg

00191467.jpg

00191469.jpg
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/20(金) 15:38:53 | | #[ 編集]
Re: 腎不全
みつこさん、メール拝見しました。

4歳で慢性腎不全というのは、隆太と同じで、多分先天的に腎臓が弱いのだと思います。
こんなに若いのにとショックを受けられたと思います。私も隆太が三歳で慢性腎不全と診断された時は、本当にショックでしたので、辛いお気持ちよくわかります。
確かに、有効な治療法がないのはお医者さんの言うとおりですが、食欲があるというのは何よりです。
我が家のもう一匹の猫、健太も慢性腎不全ですが、週二回の点滴で11歳の今もそれなりに元気に暮らしています。
みつこさんのお宅の猫ちゃんの腎臓の数値がどのぐらい悪いのかわかりませんが、もしまだそれほど悪くなっていないなら、点滴と水分の多い食事でかなり長生きさせてあげることも可能だと思います。
家の猫は病院に行くのがものすごく嫌で、ストレスになるので、自宅で点滴をしています。
できるだけストレスの少ない生活をさせて、寒さや暑さにも気をつけて、水分を充分撮らせるのが一番大切です。
水分は、普通の水道水で充分です。ミネラル入りの水は、かえって腎臓に負担をかけます。
レバーも食べさせすぎると胃腸の負担になるので、ウエットタイプの治療食を喜んで食べるようなら、それでいいと思います。
隆太が病気になった時は、よい治療食が手に入らなかったので、おじやを手作りしましたが、今は外国産のよいフードも手に入りやすくなっています。
療養生活が長期にわたる可能性が高いので、人間側の負担もできるだけ減らせるようにしないと、飼い主が心身共に疲労してしまいます。
病気の発見が早ければ、この先も幸せに暮らさせてやれることもできます。いろいろお辛いでしょうが、どうかお大事になさってください。
つたない内容でごめんなさい。
2015/03/21(土) 00:45:54 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/22(日) 23:31:29 | | #[ 編集]
いえいえ
みつこ様

数値が少し高いようですが、食欲があり、元気に過ごしているようなら何よりです。
季節の変わり目の寒暖の差に気をつけてあげて(通院時も、保温に気をつけてあげて下さい)ゆったり安心して暮らせるようにしてあげて下さい。
猫の看病はいろいろ負担も大きくて、精神的にもしんどいことが多いですが、どうかお大事になさってください。
飼い主が落ち込むと、猫にもよくないと言われました。
あまりお役に立てなくてごめんなさい<m(__)m>
心から応援しています。
2015/03/23(月) 23:08:12 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/03/24(火) 06:07:52 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
愛猫の病気は本当に辛いものです。
みつこさんのお気持ちは、きっと猫ちゃんに通じています。
どうかお大事に。
良い経過を心からお祈りしています。

2015/03/31(火) 23:01:46 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック