我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
練りきり体験教室 (=^・^=)
2017年02月05日 (日) | 編集 |
今日、関西つうしんさんで開催されているスィーツ展のイベント、和菓子の練りきり体験教室に参加してきました。

昨夏、東急ハンズ梅田店での関西つうしん主催の猫展で、私の招き猫の起き上がりこぼしとねこまんを練りきりにしてくださった、堺の宝泉菓子舗さんのご指導です。

初めて手にする練りきりの生地は、粘土よりも軟らかく、慣れるまではついつい強く握ってしまったりで扱いが難しかったです。
和菓子は餡の包み方がとても大切で、均等に包むのは大変難しいそうです。
宝泉さんのていねいでわかりやすいご指導で、なんとか形になりました。

桜の花で基本の餡の包み方や、和菓子の道具の使い方を教わり、その後はさみで生地を花弁のように切る方法や、グラデーションの付け方を教わりました。
その後、キャラクターに挑戦して、起き上がりこぼしも作りましたが、粘土で作るのとはずいぶん勝手が違って、ドキドキしました(^_^;)

練りきり三点でワンクールだったのですが、どうしてももっと作ってみたくて、もうワンクール追加でご指導頂きました。
馬や鯛、菊の作り方も教わって、二時間余り本当に楽しい体験をさせていただきました(=^・^=)

和菓子の細工と粘土細工には共通する点や、参考にすると面白そうなことがいろいろあって、今日教わったことを粘土でも試してみたいなと思いました。

宝泉さんがリクエストに応じて作って下さったハシビロコウを頂いて、家族へのお土産のいちご大福と古墳巻きを買って、大満足の一日でした(*^_^*)

宝泉さんのいちご大福は、絶品と勧めてくれた友人の言葉通り、白餡はみずみずしいいちごを引き立てる絶妙の甘さで、大福生地の柔らかさがとても優しい本当に美味しいいちご大福で、家族も大満足でした。

いつもは辛口の批評ばかりの主人が、私の作った練りきりを、初めてにしてはきちんと形ができていると、珍しくほめてくれたのはいちご大福のおかげでしょうか(笑)

楽しい充実した一日をありがとうございました
また次の機会を楽しみにしています。

00191734.jpg


00191732.jpg

00191739.jpg



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。とても素敵な和菓子ですね!2時間で、そんなに出来るものなの~?ねこですねんさんが、とても器用なんでしょうね。デザインは、和菓子屋さんが考えたものなんですか?お花は、昔からありそうな気もしますが。最後の鳥も素敵ですね。どれも食べるのがもったいないなぁ。東急ハンズでこんなイベントやってるんだ~。練りきりが作れるようになる学校があるんですかね?
2017/03/25(土) 07:27:22 | URL | まーや #-[ 編集]
Re: Re: タイトルなし
> まーやさん、こんにちは(*^_^*)
> コメント、ありがとうございます!
> また読んで頂いて嬉しいです❤
> 練りきりのデザインは、桜や菊など、昔からある伝統的なデザインと、宝泉さんが独自にデザインされた物があります。
> 鳥とか、馬は、宝泉さんのオリジナルです。
> ほんとにどれも素敵です(=^・^=)
本格的な和菓子教室もありますが、一日で基本的なことを少し体験させてもらえるお手軽な体験教室もあちこちで開催されているようです。
最近は、外国のお客様も体験に来られるとか(*^_^*)
2017/03/28(火) 16:57:05 | URL | コンペイトウ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック