FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
チャレンジアート !(^^)!
2018年05月15日 (火) | 編集 |
昨年から講師として参加している堺市東区のチャレンジアート親子教室に今年も参加しています。
昨年のお題は「わ・和・輪」だったので、私は「友達のわ」と題して犬・猫・ウサギを輪の中に仲良く並べた粘土の作品作りを教えました。
今年のお題は「森」です。
ペットボトルに粘土を巻いた大きな木を中心に、切り株や丸太も作って森の雰囲気を表現したカラーボードの上に子供たちの描いた森の生き物の絵を切り抜いて張り付ける半立体の作品作りを指導します。
本当は木も子供たちに作ってもらって、生き物も粘土で作らせてあげたいのですが、二時間半で完成させることになっているので、粘土を乾かす時間がありません。昨年も、土台は私が作って、子供たちには顔の一部だけ作ってもらい、あとは彩色と飾り付けを楽しんでもらいました。
今年は木の葉の部分だけカラー粘土で作ってもらい、厚紙に描いてもらった好きな生き物を切り抜いて自分だけの森を作ってもらうことにしました。
リスやクマやタヌキのような実在の動物だけでなく、妖精や魔女やペガサスのような架空の生き物や、赤ずきんちゃんや白雪姫のようなおとぎ話の主人公たちや、恐竜など、とにかく子供たちに好きな生き物をいっぱい描いてもらって、自分だけの楽しい森の光景を作ってもらいたいと願っています。
定員が15組なので、粘土の木と切り株と丸太を15個作りました。普段自分が作っている作品よりもはるかに大きいうえ、使用する粘土も固めなのでかなり大変で、また親指の腱鞘炎がぶり返さないか、ちょっとひやひやしました( ;∀;)
見本の絵も描いたのですが、普段あまり絵を描かないので、子供たちが楽しんでくれそうなかわいい絵がなかなか描けず、苦戦しました( ;∀;)
募集のポスターの写真用の作品見本も初めに描いたのはちょっと小さすぎて撮影しにくそうだったので、大きめの絵に変えました。
親子教室なので、付き添いの親御さんが見本作品にとらわれすぎて、子供たちの自由な発想をさえぎらないよう、でも参加してみたいと思ってもらえる程度の完成度もないといけないので、ずいぶん苦心しました。写真はその苦闘のあとです(笑)
昨年はずいぶん楽しんでもらえて、とてもやりがいがあったので、今年も子供たちにおもいっきり楽しく自分の世界を作ってもらいたいなと願っています。
どれぐらいの方が興味を持って参加してくださるかドキドキですが、どんな楽しい森の光景が出来上がってくるのか、とても楽しみです!(^^)!

00191913.jpg

00191922.jpg

00191921.jpg

00191919.jpg

00191917.jpg

00191910.jpg

00191926.jpg

00191923.jpg

00191920.jpg
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック