FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
チョークアート !(^^)!
2018年07月24日 (火) | 編集 |
以前から興味のあったチョークアートを始めてみました。
ブラックボードにオイルパステルで絵を描くのですが、子供のころ大好きだったクレヨンでのお絵かきを彷彿させて、とても楽しいです♬
オイルパステルは柔らかくて、発色もきれいなので昔のクレヨンでは実現できなかった鮮やかな混色も自由自在です。
絵筆ではなく、指先と綿棒でパステルを混ぜて描くのも、子供のころを思い出させて懐かしく楽しいです。
チョークアートの教室に通って習っているのではなく、いろいろな解説書を参考に描いているので、正式なチョークアートではなく、我流のチョークアート風お絵かきになってしまってるとは思うのですが (笑)

前から昔話や童話の主人公を猫にした作品を作ってみたかったのですが、立体や粘土だと背景作りも大変ですし、なによりできた作品がかさばって、すでに満杯に近い倉庫にも置けなくなるので制作をためらっていました。
チョークボードなら、置くスペースも少なくて済みますし。
来年11月に、いつもお世話になっている谷町のギャラリーセンティニアルさんで開催決定している「ようこそ猫の国へ-2019」用の作品として少しづつ描き貯めたいと思っています。私の作品展は、小さな立体が中心で、いつも壁面が寂しいので、それを解消するにもピッタリかとも。

ま、家族にはあれこれ新しいことを始める言い訳を並べていますが、要は私がどうしても描いてみたいだけなんですが(笑)
幼稚園から小学校の2年生ぐらいまで通っていた近所の絵画教室での楽しかった思い出が、この年齢になってよみがえってきたのかもしれません。
若い画家さんが開いていた教室ですが、お手本無し、評価無し、添削無し。とにかくどの画材も自由に使っていいから自分の描きたいもの作りたいものをつくっていいよ!という、本当に私にとっては天国みたいに素敵な場所でした。
人生も残り少なくなったこの年齢で、ちょっと子供のころに帰ってみたくなったのかも。
ほんまに、デッサンも構図もでたらめな落書きみたいな作品ですが、ご笑覧ください(*^^*)

00191949.jpg

00191948.jpg

00191947.jpg

00191946.jpg

00191944.jpg

00191945.jpg
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック