FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 02«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »04
素敵な贈り物
2021年02月07日 (日) | 編集 |
昨年末、梅田のギャラリーRYOさんのアクセサリー展でご一緒した小林祐岐さんに、娘のヘアーアクセサリーと私のバックチャームを作っていただきました。
小林さんのアクセサリーはフェイスブックでも写真を拝見して、すごくセンスが良くて透明感があって、きれいだなとずっとあこがれていたのですが、RYOさんで実物を拝見して、その丁寧で精緻な仕上がりを目の当たりにするとどうしても作っていただきたくなって、お忙しい中ご無理をお願いしました。
昨日届いた作品は、思わずわぁと歓声を上げてしまうほど、私のお願いした通りのイメージでした。
二度目のヘアドレイジュ(ガン治療などで、髪を失った方のかつらを作るために髪の毛を寄付すること)のため、また髪を伸ばしている娘にも素敵なヘアアクセサリーをプレゼントしたくて、娘の好みと職場でも身に着けられるものをとの希望を添えて制作をお願いしていたのですが、本当にびっくりするぐらい娘の好みにぴったりの作品を作ってくださいました。
昨日、夕飯を食べに帰宅した娘に早速手渡すと「きれいだね!私の大好きな色で、すごくセンスがいい!!」と大喜びでした。
脳神経病院のリハビリ課で作業療法士として働いている娘は、このコロナ禍でさらに緊張の続く日々を送っています。
娘の勤めている病院は、脳梗塞や脳溢血の緊急手術に24時間対応できる、府南部では唯一の病院なので、コロナ患者受け入れはできない病院ですが、万一スタッフからクラスターが発生したりしたら、多くの脳血管病の患者さんを治療できなくなるので、本当に緊張の緩むときがないようです。
そんな娘にせめてきれいなヘアアクセサリーを身に着けて、少しは気持ちを和ませてもらえたらと思っての注文でしたが、素敵な作品を届けていただいて、本当にありがたく、うれしい気持ちでいっぱいです。
小林祐岐さん、親子で大切に使わせていただきますね。本当にありがとうございました(#^.^#)

髪飾り
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック