fc2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
サンキャッチャーと猫
2023年04月18日 (火) | 編集 |
今年は秋から冬にかけて4か所の図書館で作品展示があるので、色々新作準備中です。
以前ナチュラルキッチンで見つけて、なにか面白い物作れそうと買っていたワイヤーハウス、本来はアクセサリースタンドとして使用するものだと思いますが、サンキャッチャーと組み合わせたら面白そうとひらめきました。
早速試してみたら、キラキラがいい感じです。
セリアで買っていた雲形のスタンドも、サンキャッチャーと組み合わせると面白い。
お庭の柵もセリアで見つけたものですが、手すりに登ったり、隙間から入ろうとする猫を作ってみました。
円筒型のケースはダイソーで見つけたもの。不思議の国のアリス猫を入れてみました。パイプを吸う青虫や、ドードーの他、高さがあるのを利用して、今回はニヤニヤ笑いのチェシャ猫も登場。お話の中では、ニヤニヤ笑いだけを残してだんだん消えていく設定なので、向こうが透けて見える透明粘土で作ってみました。
図書館の館長さんのお話では、この三年コロナで楽しい行事がほとんど中止になってしまった子供たちが、図書館のいたずら猫の展示をとても楽しみにしてくれているそうです。展示ケースに子供たちの手形やおでこの跡がつくぐらい長い時間眺めては猫たちに話しかけていたり。お母さんが「そろそろ帰るよ!」と声をかけてもなかなか離れない子供たちも多いそうです。
展示期間が終わると「猫、もういないの?次はいつ来るの?」と聞かれるとか。
ささやかな私の猫作品が、たくさんの子供たちに楽しんでもらえるのは本当にうれしくありがたいことです。
「また違った猫が来てる!」と喜んでもらえるような作品を届けたいと願っています。

250.jpg

251.jpg

252.jpg

253.jpg




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック