fc2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
エクスギャルの引退
2024年04月16日 (火) | 編集 |
お世話になっている乗馬クラブのレッスン馬、エクスギャルがとうとう引退しました。
15年前にハーモニーファーム淡路にやって来て、その後貝塚の野のはなに移動してからもずっと会員を乗せて活躍していました。
27歳という高齢になっても元気にレッスンに出ていましたが、今年の初め通路で転倒してしまったそうです。その時はクラブの職員と、居合わせた男性の会員が力を合わせて起き上がらせ、何とか回復したのですがやはりもう限界だろうと引退させることになったそうです。
ギャルと私はとてもご縁が深くて、初めてギャルが淡路島に来た時に、指導の先生から「とても乗りやすいいい子だし、前田さんとも相性がいいと思う。」と勧められ、騎乗したのが始まりでした。その後はほぼ毎週乗せてもらいましたが、駆け足がとても乗りやすく、頭のいい子でギャルのおかげで3級の資格試験に合格できたようなものです。
その後一時腰を痛めたりして、神社の神馬にするという話も出ていたのですが、貝塚のクラブでレッスン馬として再出発していました。
私はギャルよりも一足早く貝塚のクラブに籍を移していたのですが、貝塚では騎乗する機会があまりありませんでした。たまたま昨年二回乗せてもらった時は、10年ぶりぐらいだったのに、しっかり私を覚えていてくれて、高齢にもかかわらず本当にきれいに走ってくれました。
養老牧場に行くまでの1か月余り、レッスンに行くたびに好物のニンジンやリンゴ、バナナを差し入れてゆっくりお別れが言えたのは幸いでした。
養老牧場では先住の馬と仲良くなって、元気に過ごしているそうで、本当にほっとしました。予約をすれば面会もできるそうなので、一度訪ねてみたいと思っています。
長年親しんできたギャルが引退してしまったのは、本当に寂しいですが、これからも新天地で元気に長生きして、隠居生活を楽しんでもらいたいと願っています。
写真はクラブのホームページに掲載されている養老牧場での様子を転載させてもらいました。

345.jpg

343.jpg

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック