FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
今年のお題は・・・
2019年02月02日 (土) | 編集 |
今年のチャレンジアートのお題は、「街」になりそうです。
おととしは「わ」昨年は「森」でした。
夏の親子チャレンジ教室の見本の試作品を「街」で作ってみました。二時間で完成させて、12月の作品展に展示できるある程度大きな作品となると、結構難しくて。
粘土はおととし試してみたのですが、やはり乾かす時間が取れないのが最大のネックになります。
昨年はそれを踏まえて子供たちの描いた色鉛筆画を半立体に仕立ててみたのですが。
今年はフェルト使って街の光景を描いてみました。
二時間でこれを完成させるのはちょっと難しいので、子供たちには自分の好きなお店やお家を二軒選んで作ってもらおうと思います。
あらかじめ私が下絵を描いておくという手もありますが、それでは手芸セットになってしまって、子供たちが全然楽しくないと思うので、少し時間はかかるし、当日のフォローは大変かもしれませんが、見本にとらわれず子供たちの好きな風景を作ってもらおうと思います。
お店もケーキ屋や洋服屋、おもちゃ屋の他に、果物屋やパン屋、魚屋など、自由に発想してもらいたいと思います。
普段の学校の授業ではできない工作教室にしたいと思うのですが、時間の制約もあるのでなかなか難しいです。
手芸展にならないよう、アートにしてほしいと言われるのですが、普段自分が作品作りをしている時、アートなのか手芸なのかなんて考えたこともなく、さらにはアートと手芸の定義や違いが私には今一つわからなくて・・・
一番大事なのは、子供たちができるだけのびのびと作りたいものを楽しく作れることと思っているのですが。

00192051.jpg

悠太のダイエット !(^^)!
2019年01月29日 (火) | 編集 |
悠太がダイエットに成功しました!(^^)!
昨年秋には7.6キロもあって、肝臓の数値もちょっと悪くなっていて、獣医さんから将来のことを考えるとやっぱりダイエットが必要と言われました。
急激な減量は人間と同じで体に悪いので、少し食事量を減らすことから始めました。
ドライフードや缶詰フードは獣医さんで勧められているダイエットタイプをこれまでもずっと食べさせていたので、それは少し分量を控えめにしました。水をあまり飲まない悠太に水分を摂らせたくて与えていた自家製のヨーグルトや鳥のささ身のスープは思い切って半分以下にしました。
三か月余りたった現在、体重は6.7キロに減りました!(^^)! 見事目標の7キロを切って、獣医さんにも褒められました。
見た目もずいぶんスマートになって、顔も小顔になって、友人からも「悠ちゃん、かっこよくなったね!」と(*^^*)
これまで飛び乗るのに失敗していた棚にも軽々乗れるようになりましたし、航太を追いかけて走り回るほど身軽になりました。
今後はリバウンドに気を付けなければなりませんが。
ただ、やっぱりいつも小腹はすいているようで、食卓をうかがったり、航太のご飯を横取りに行ったりします。
もっとも、航太は絶対横取りは許しませんが(笑)
食卓の上になにかあると、食べ物かもと確かめる癖がついて、ちょっと哀れを誘います"(-""-)"
でも、水もきちんと飲むようになりましたし、肝臓の数値も正常に戻って、やっぱりダイエットさせて良かったです。
航太の方が今や悠太よりも体重が重くなってしまったので、航太もダイエットさせます。
我が家のにゃいラップはうまくいったようです!(^^)!

00192047.jpg

00192046.jpg

00192045.jpg

これから
2019年01月16日 (水) | 編集 |
今年11月の個展で、立体作品をたくさん並べた作品展は、最後になると思います。
作品の搬入搬出を支えてくれた主人も年を重ねて、あと二年ぐらいで車の運転は卒業したいというので。

倉庫に大切に保管して、大阪市内の図書館で展示してもらっていたこれまでの個展のメイン作品も、すべて処分することになります。
いつかはそんな日が来るとは覚悟していましたが、やはり30年近く作り続けてきた作品と別れるのはものすごく寂しくて。
私に万一のことがあったら、大量の作品の処分に娘が困るだろうから、そろそろ始末をつけるようにという主人の言い分ももっともですし。 娘はそんな急がなくてもと言ってくれますが、父の膨大な遺品整理で体調を崩した自分の経験を思うと、娘に同じ苦労はさせられません。
昨秋、身近な近親者にちょっと思いがけない病気が見つかったのも、気持ちを決める後押しになりました。
それでも作品すべてをゴミとして処分するのはあまりにも寂しくて辛くて、未練だし、執着だと思いますが、欲しいと言ってくださる方がいれば、もらっていただこうと思います。
ただ、個展のメイン作品は、30センチ×25センチとか大きいものが多いので、個人のお宅においていただくのは迷惑かと。
もしできれば、養護施設や老人施設、子供病院などで活用していただけたらと考えています。
そこで一定期間お役に立った後ならば、そのまま廃棄処分になっても作品たちも天寿全うしたことになるかなと。
まだ少し時間の余裕はあるので、周りの人とも相談して、良い方法を見つけたいと思っています。
でも、ものづくりすべてから離れてしまうとたちまちぼけてしまいそうですし、それはどう考えても寂しくてやりきれないので、小物や注文をいただいた作品は作り続けたいです。
あれこれ考えて、一時はすっかり気持ちが落ち込んでいたのですが、絵ならば保管場所も取らないし、私に万一のことがあっても紙ゴミとして処分してもらえるしと、これからは絵の勉強をしようと思えるようになって、ずいぶん気持ちが楽になりました。

デッサン力もなく、写真が頼りなので、もしうちの子描いてもいいよと思ってくださる方がいましたら、お声かけてください。
猫や犬や馬だけでなく、小鳥やハムスターなどいろんな動物の絵を描いてみたいと思っています。
粘土細工に明け暮れた日々から気持ちを切り替えるにはまだまだ時間がかかりますが、「絵を描こう!」という目標が何よりもこれからの日々を支えてくれそうです。
色鉛筆画と鉛筆画
2019年01月15日 (火) | 編集 |
風邪で外出もままならなかったので、家にこもってひたすら絵を描いていました。
初めて鉛筆画にも挑戦してみました。色で雰囲気の出せる色鉛筆画と違い、モノトーンの絵はすごく難しかったです。
白いところの多い、葦毛の馬を描いても、なんだか黒っぽくなったり"(-""-)"
犬の絵も初めてです。貝塚の乗馬クラブの先生の愛犬、ハッチャンをモデルに描きました。
猫とは骨格も顔のつくりも全然違うので、やっぱり迷いながら描きました。
独学で試行錯誤ばかりで、なかなか思うように手も動きませんが、でもとても楽しかったので、これからもいろいろ描いていきたいと思います。

00192044.jpg

00192038.jpg

00192040.jpg

00192043.jpg

00192042.jpg

00192039.jpg

00192037.jpg

00192036.jpg

00192035.jpg

00192034.jpg

しりとりアート駅伝 2019
2019年01月14日 (月) | 編集 |
今年もアートハウスさんの「しりとりアート駅伝」に参加しています。
今回のお題は「布団が○○○○コ」です(*^^*)

お題が来てから搬入までほとんど時間がなくて、粘土作品だと乾かす間がないので、色鉛筆画での参加です。
うちの巨猫だと、一匹でこうゆう状態になりそうですが(笑)

    「しりとりアート駅伝 2019」
            ART House(アートハウス)
        1月10日(木)~1月21日(月) 15日16日はお休みです
          11:00~19:30
      大阪市西区北堀江1-12-16  TEL 06-4390-5151


年末に家人が持ち込んだ風邪を年始にもらってしまい、熱は微熱程度でしたが、とにかく咳がひどくて。
夜中に何度も目が覚めて、しばらく座っていないと収まらないほど咳き込みますし、昼間も腹筋が痛くなるほどひどい咳が続きました。
昔、母がひどい咳で肋骨にひびが入ったことがありますが、ほんとに肋骨折れそうと感じるぐらいの咳き込みでした。
咳き込みながら絵を描いている私の顔をじっ~と見つめていた航太が、いきなり私の口をポンッと前足で押さえたのにはびっくりしましたが、よほどうるさかったのかしらんと思わず笑ってしまいました。
昨日からは徐々に咳もましになったので、やれやれです。
同じような風邪がずいぶん流行っているそうですから、皆さまお気を付けください。

00192032.jpg

00192033.jpg