FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
ミルク金時と宇治金時 (#^.^#)
2018年08月16日 (木) | 編集 |
この夏の暑さは本当に災害レベルの酷暑でしたが、ようやく少しましになるようですね。

お世話になっている貝塚の乗馬クラブ、ハーモニーファーム野のはなは、室内馬場なので、日差しはさえぎられますが、気温の高さはいかんともしがたく、人も馬もぐったりしてしまう日々でした。

写真は私がよく乗る「ミルク金時」という名前の馬ですが、普段は元気いっぱいのこの子もさすがにちょっと夏バテ気味でした( ;∀;)
見た目は白くて目がぱっちりしていて、小柄でとても可愛いのですが、頭がよくて乗り手の技量を見抜いて、上手にさぼったり、
横っ飛びしておどかしたりするやんちゃ坊主です。
先生がいつも「見た目と名前の可愛さに騙されないように!ちっとも甘くない辛口のミルクです!なめられないようにしっかり乗りましょう。」と注意されるほど。
もう一頭「宇治金時」という名前の馬がいますが、こちらはサラブレッドで、体は大きいですがとても穏やかで乗りやすいいい子です。
先日、私が騎乗中に、宇治金時がどんっとつまづいてしまい、危うく投げ出されそうになったのですが、とっさに首にしがみついた私を落とさないように、ぐっと首を持ち上げて支えてくれるほどいい子です。

宇治金時にミルク金時と名前は涼しげですが(笑)ユニークな命名に聞いた人は大笑いします。

最近野のはなには可愛い子ヤギも仲間入りしました。まだ生後三か月の子供ですが、中庭の草をしっかり食べて、草刈をしてくれています。
早く涼しくなって、馬も子ヤギも人も楽に動けるようになってほしいですね。

00191941.jpg

00191939.jpg

00191954.jpg

今年の蝉 (#^.^#)
2018年08月16日 (木) | 編集 |
お盆も過ぎて蝉の声がめっきり少なくなりました。
ニャンズの蝉遊びもそろそろ終わりですね。
今年は悠太が蝉の羽をくわえることができるようになりました。怖がりで昨年まではへっぴり腰で手の先でちょんちょんつつくことしかできなかったのですが"(-""-)"
航太はそんな悠太をしり目に今年も蝉を追いかけて大騒ぎでした(#^.^#)
酷暑もちょっとやわらぐようで、日暮れも少しづつ早くなって、ほんの少し季節が秋に向かって歩みだすようです。

00191953.jpg

00191952.jpg

00191951.jpg

チョークアート !(^^)!
2018年07月24日 (火) | 編集 |
以前から興味のあったチョークアートを始めてみました。
ブラックボードにオイルパステルで絵を描くのですが、子供のころ大好きだったクレヨンでのお絵かきを彷彿させて、とても楽しいです♬
オイルパステルは柔らかくて、発色もきれいなので昔のクレヨンでは実現できなかった鮮やかな混色も自由自在です。
絵筆ではなく、指先と綿棒でパステルを混ぜて描くのも、子供のころを思い出させて懐かしく楽しいです。
チョークアートの教室に通って習っているのではなく、いろいろな解説書を参考に描いているので、正式なチョークアートではなく、我流のチョークアート風お絵かきになってしまってるとは思うのですが (笑)

前から昔話や童話の主人公を猫にした作品を作ってみたかったのですが、立体や粘土だと背景作りも大変ですし、なによりできた作品がかさばって、すでに満杯に近い倉庫にも置けなくなるので制作をためらっていました。
チョークボードなら、置くスペースも少なくて済みますし。
来年11月に、いつもお世話になっている谷町のギャラリーセンティニアルさんで開催決定している「ようこそ猫の国へ-2019」用の作品として少しづつ描き貯めたいと思っています。私の作品展は、小さな立体が中心で、いつも壁面が寂しいので、それを解消するにもピッタリかとも。

ま、家族にはあれこれ新しいことを始める言い訳を並べていますが、要は私がどうしても描いてみたいだけなんですが(笑)
幼稚園から小学校の2年生ぐらいまで通っていた近所の絵画教室での楽しかった思い出が、この年齢になってよみがえってきたのかもしれません。
若い画家さんが開いていた教室ですが、お手本無し、評価無し、添削無し。とにかくどの画材も自由に使っていいから自分の描きたいもの作りたいものをつくっていいよ!という、本当に私にとっては天国みたいに素敵な場所でした。
人生も残り少なくなったこの年齢で、ちょっと子供のころに帰ってみたくなったのかも。
ほんまに、デッサンも構図もでたらめな落書きみたいな作品ですが、ご笑覧ください(*^^*)

00191949.jpg

00191948.jpg

00191947.jpg

00191946.jpg

00191944.jpg

00191945.jpg

作品展 (#^.^#)
2018年07月10日 (火) | 編集 |
よしおかアコさんの作品展と、井上絵美子さんの作品展を拝見してきました。
よしおかさんの作品展は、絵本「ぼくはくいんしんぼう仮面」の出版記念展です。
絵本の出版を心待ちにしていたので、サインもいただいてとても楽しかったです。
覆面レスラーのくいしんぼう仮面さんの原作に、よしおかさんの絵がぴったりで、素敵な絵本です。

井上絵美子さんの漆器展は、前回も漆の使い方がとてもユニークでしたが、今回はさらに楽しい作品が多かったです。
会場入ってすぐの作品に思わずびっくり!そしてにっこり!
もちろん、実用的な漆の器もとても素敵な作品が並んでいますが、この写真の作品に心をしっかりつかまれてしまいました。
漆の製造をしていた父が存命なら、漆でこんな楽しい作品もできるのかと喜んだと思います。

よしおかさんの作品展はギャラリーThe14th.MooNで、井上さんの作品展はお隣のギャラリーCENTENNIALで、開催されています。

7月9日(月)~7月15日(水)12:00~19:00 最終日と土曜祝日は17:00まで。7月15日(日)はお休みです。
ギャラリーは地下鉄谷町線の谷町四丁目駅4番出口徒歩5分です。
tel06-6943-5892

00191942.jpg

00191943.jpg

このたびの大水害の被害の甚大さと、亡くなられた方々の無念を思うと心ふさぐ日々でしたが、お二人の作品に慰められました。
カラスの襲撃 ( ;∀;)
2018年07月04日 (水) | 編集 |
先日、主人が「カラスに頭をつつかれた!」と青い顔で散歩から帰ってきました。
帽子をかぶっていたのですが、その隙間の部分を攻撃してきて、かなりの強さでつつかれたというのです。
後頭部の一部が少し赤くはなっていましたが、幸い傷はなく、大事にはいたりませんでした。

なんでもいつもの川沿いの道を普通に歩いていたら、いきなり急降下して攻撃してきたそうです。
どうやら巣立ったばかりの子ガラスが、道端の草むらに落ちていたようで、子供を見守っていた親ガラスが警戒して攻撃してきたようです。
突然頭をガン!と突かれて何が起きたのかわからず、仰天して振り返ると大声で鳴きながらカラスが急降下してきたので、あわててわき道にそれて逃げ帰ってきたそうです。

以前、友人のご主人が早朝長居公園の遊歩道を競走用自転車で走っていて、うっかりカラスの巣のそばを走り抜けたとたん、数羽の群れに襲われて首筋を突かれ、数針縫う大けがをしたことがありますが、まさか普通に歩いていて襲われるとは思ってもみませんでした。
間近に迫ってくるカラスは想像以上に大きくて、確実に帽子の隙間をねらってダメージを与えようとする攻撃性の強さに、ぞっとしたと言っていました。
今の時期は、ひなの巣立ちの時期のようでいつも以上に親ガラスの警戒心が強くなっているようです。
翌日散歩に出かけた主人は、カラスは執念深いからとあたりを警戒しながら歩いたそうです。
「悠太と航太にかたき討ちしてもらお」と二匹のニャンズに訴えていましたが、ベランダに来るスズメに脅されているような我が家の軟弱ニャンコでは、一瞬で返り討ちにされそうです( ;∀;)