FC2ブログ
我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 11«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »01
怒涛の二週間
2019年10月02日 (水) | 編集 |
この二週間は、本当にいろんなことが重なって、目が回りそうでした。
まずは日ごろからお通じの間隔があきがちな航太が、まる四日間もうんちが出なくなりました。
でも、本人はいたって元気で、ご飯もいつもどおりしっかり食べるし、あおむけ大の字でのんきに昼寝もしています。
これまでも三日間出なかったことはあるのですが、さすがに心配になりました。特に航太びいきの主人は、大腸になにかしこりでもできていて出ないのではないかと気もそぞろ。
ちょうど年に一度の定期健康診断の期日も近いので、いつもお世話になっている獣医さんに連れて行きました。
レントゲンを撮ると、確かにどっさりうんちがたまっていましたが、元気で本人に苦痛もなく食欲も旺盛なので、病的な便秘ではなく、主人が心配していたような病変もあり得ないとの診断でした。
浣腸や下剤はかえって体に負担をかけるだけということで、先生が航太のおなかをゆっくりマッサージして排便を促してくれました。
航太は体格も大きくて、おなかもボリューミィーなので、マッサージをする先生もかなり大変そうでした。
20分以上かけて慎重にマッサージしてもらったおかげで、翌朝無事大量のお通じが(笑)
航太の体も気がかりでしたが、不眠症になるほど航太の心配をする主人の体調も心配で、かなり大変な毎日でした。
これまでもいろいろお通じに良いフードを選んできたのですが、これを機会に少しフードも変えることになりました。
航太本人はいたって元気でケロリとしているのですが、人間は航太のお尻を眺めては一喜一憂の10日間でした。

11月14日からの個展もいよいよ迫ってきて、DMも印刷完了です。まもなく皆様のお手元にもお届けします。
その個展の前の11月3日に岸和田のなみきり会館で開催されるガーデン動物病院の十周年記念イベントに出展させてもらうことになりました。貝塚の乗馬クラブのスタッフさんのおうちの猫や犬がお世話になっている動物病院で、たまたま病院に行ったスタッフさんがイベントのお知らせを見て、お声をかけてくださいました。
救急救命もされている、とても良い動物病院で、日ごろから飼い主さんとのコミュニケーションをとりたいとの趣旨に惹かれて参加させていただくことになりました。
11月3日の午後、半日だけのイベントですが、近づきましたらまた詳しくご案内します。

あれやこれやで、FCの更新もままなりませんが、なんとか元気に頑張ります!(^^)!

CIMG2211.jpg

CIMG2249.jpg

CIMG2246.jpg

CIMG2244.jpg



ヘアドネージュ
2019年09月16日 (月) | 編集 |
平日は仕事が忙しくて、週末だけ夕飯を食べにくる娘ですが、今日一週間ぶりにやってきた娘を見てびっくり!
腰ぐらいまであった長い髪の毛をバッサリショートカットにしています。
何かあったのかと恐る恐る聞くと「ヘアドネージュしてきた」とのこと。
ヘアドネージュもしくはヘアドネーションというのは、癌などで髪の毛を失った人の医療用かつらを作るために髪の毛を寄付することです。私も知識としては知っていましたが、まさか自分の娘が協力するとは考えてもいなかったので。
忙しい仕事をかかえて、猛暑の中長い髪の手入れは負担だろうに、少し短くすればなどと時折意見していたのですが。
寄付するつもりなどとは一切口にせず、数年間パーマやヘアカラーもせず髪を伸ばし続けていた娘にわが子ながら本当に感心しました。
「また伸ばすし~」と何気ない口ぶりで笑う娘に、ちょっと涙ぐむほど感動してしまう私もたいがい親ばかなんですが・・・
娘の髪が、どこかのどなたかのお役に立って、髪を失った方の慰めになるかと思うと、本当にうれしいことです。
子供のころはあれこれ苦労もあった娘ですが、いつの間にか親の私のほうが仰ぎ見るような心根の持ち主に育っていました。
本当の親孝行を見せてくれた娘に感謝感謝です。
相変わらずの紛争中
2019年09月10日 (火) | 編集 |
お互いにライバル意識が強くて、めったに同じ場所では寝ないのに、珍しく悠太と航太が並んでお昼寝中です。
平和で和やかな光景だなぁとほのぼのしていたのに、何が気に入らなかったのか数分後にはまた大喧嘩( ;∀;)
最近強気の悠太にかみつかれて、航太の背中の毛がむしられてしまいました。
ほんとにいつになったら平和共存してくれるやら・・・
友人にいただいたトラ猫さんの写真からまた色鉛筆画を描きました。
ほんとに目力の強いいい子です。
もう一枚は久しぶりのチョークアートです。線で描く色鉛筆画とは対照的に面で描くチョークアート。
どちらもそれぞれの面白さがあります。

CIMG2210.jpg

CIMG2222.jpg

CIMG2221.jpg

とらねこ2

CIMG2166.jpg

図書館粘土教室
2019年08月30日 (金) | 編集 |
今年も秋に図書館で粘土教室を開きます。
毎年どんなのを作ろうかなとあれこれ思案します。
幼稚園児から高齢の方まであらゆる年齢層の方が参加されますし、粘土細工大好きの方から、初めて触りますという方もおられるので。
材料費も限られていますし、二時間以内で完成できるものとか制約も多いです。
せっかく参加していただくのですから楽しんでもらいたいですし。
今年は猫とネズミで作ることにしました。毎回のメインテーマは「いたずら猫を作ろう」なので基本は猫の作品になるのですが、猫以外もOKにしていますので、翌年の干支を作りたいと希望する方も多くて。
雨続きでなかなか粘土が乾かなかったのですが、ようやく完成しました。
見本は6~7割の完成度にとどめておいて、できるだけ参加者の方の自由な発想を付け加えてもらいたいと思っています。
子供たちはどんどん自分の創造の世界を広げていく子が多いのですが、大人はどうしても見本にとらわれてしまうので。

あれこれ苦心している私の横で、悠太と航太は相変わらずのんびりお昼寝です。
航太はぺったり180度足を開いて寝ますが、悠太は180度開脚はできないのがおかしいです(笑)
やっぱり年上の悠太はちょっと体が硬いとか( ;∀;)
のんきな二匹がちょっとうらやましいですが、寝ていてくれるほうが作業ははかどります!(^^)!

CIMG2174.jpg

CIMG2169.jpg

CIMG2168.jpg

懐かしい写真 !(^^)!
2019年08月28日 (水) | 編集 |
昔の写真を見る必要があって、懐かしい猫たちの写真を久しぶりに目にしました。
猫を抱っこしているのは昭和31年秋で、私が二歳の時です。おんぶされているのも、たぶん同じ猫だと思います。
おんぶ写真は昭和32年の正月の写真ですから。
生まれる前から家には猫がいましたし、母に言わせると私は猫に子守をしてもらっていたそうですから、ハイハイしている私のそばに猫が寄り添っている写真も残っています。
でも、私の幼い頃の記憶にかすかに残っているのは、このトラ猫さんです。
当時の猫としては体が大きくて、喧嘩の強いボス猫だったそうですが、赤ん坊の私にはひたすら優しかったとか。
こんな風におんぶされても、おとなしくされるままに私の相手をしてくれていました。
私が今でもトラ猫さんにとっても懐かしいような想いを抱くのは、このころのことが原風景として残っているからでしょう。
母のおなかにいるころから、65年間ずっとそばにいてくれた猫たちに改めて感謝です!(^^)!

だっこ

おんぶ2