我が家のニャンズの面白日記と、粘土の猫作品の紹介
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
アートハウスさんの「Tiny Cats VOL7」に参加します(=^・^=)
2017年04月28日 (金) | 編集 |
今年もアートハウスさんの猫展「Tiny Cats VOL7」に参加します。
手のひらに乗るような小さな猫作品がたくさん集まります。
今年は航太君のそっくりさんも作りました(=^・^=)

00191778.jpg

町で可愛い多肉植物を見かけるたび、うちにも一鉢置きたいなと思うのですが、あっという間にニャンズにボロボロにされてしまうのは目に見えているので、買えません(^_^;)
で、粘土で小さな多肉植物をたくさん作ってみました。

00191777.jpg

実物そっくりのミニチュアや、私の想像で作ったものなど一杯作りました。
ガラスの容器だと割れる心配があるので、アクリルとプラスチック製のケースに入れてみました。

00191780.jpg

00191781.jpg

サボテンから連想してメキシコの帽子ソンブレロでふたを付けた容器にもいれてみました。

00191779.jpg

たくさんの作家さんの楽しい作品がいっぱい集まります。
是非お立ち寄り下さいませ(=^・^=)

      ART HOUSE (アートハウス) 「Tiny Cats VOL7」
    5月4日~5月15日 9日10日休み 11:00~19:30
       〒550-0014 大阪市西区北堀江1-12-16 tel 06-4390-5151
        地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅6番出口


またまた猫マンガ (=^・^=)
2017年04月21日 (金) | 編集 |
悠太と航太の面白写真がたくさんたまったので、またまた猫マンガに仕立ててみました(笑)

00191769.jpg

00191768.jpg

00191767.jpg

00191766.jpg

00191765.jpg

00191764.jpg

00191763.jpg

00191762.jpg

00191761.jpg

00191760.jpg

00191759.jpg





テレビ取材 (=^・^=)
2017年04月01日 (土) | 編集 |
27日のキャストという朝日放送の夕方の報道番組に、ハーモニーファームの馬が出演しました(=^・^=)

春の淡路島を紹介するコーナーで、馬を貸してほしいという依頼があったそうです。
ハーモニーファームのすぐ近くの花さじきで、菜の花畑を背景にキャスターさんが馬に乗って登場したいとのこと。
キャスターが王子様の恰好で登場するので、白馬を貸してほしいとのことでしたが、白い馬は臆病で神経質な子が多く、本番での動きが予想できないので、外乗馬のなかでもベテランで、一番おっとりしているドラムに白羽の矢が立ちました。

当日、私もレッスンの予約を入れていましたので、ちょうどレッスン後に始まった中継を見学させてもらいました。
撮影機材や、電源コードがひかれ、いつもと様子の違う花さじきの雰囲気に、さすがのドラムもちょっと驚いたようで、なかなか前に進もうとしませんでしたが、さすがにハーモニーファームのスタッフは馬の扱いが上手で、なんとかドラムをなだめてカメラの前に立たせました。

00191770.jpg

00191771.jpg

生放送とのことで、馬が素直に動いてくれるか、ちょっとドキドキしながら見守りました。
間もなく登場したキャスターさんは大きな王冠をかぶった王子様姿で、いろんなお客様を乗せ慣れているドラムも、さすがにちょっとびっくりした様子。さらには、打ち合わせになかったドローンが、低空飛行で上空からの映像を撮影しはじめました。
聞き慣れない騒音に、見慣れない衣装と、馬の苦手な物づくしで、これでカメラが回りだしたらおびえて予想外の動きをしてしまうのではないかとハラハラしました。


00191773.jpg

00191774.jpg

それでも、ドラムはグッと我慢してくれて、暴れるそぶりもなく、王子様姿のキャスターさんを素直に乗せて、無事撮影は終了しました(=^・^=)

00191775.jpg

00191776.jpg

帰宅後、録画していた放送を見てみると、ドラムはしっかりカメラ目線で、とてもよい仕事ぶりでした(=^・^=)
ただ、家族はドラムの姿に「これ、ロバ違うん???」と
そうです(笑)ドラムはなんとなくロバっぽい風貌で、私も外乗でドラムに乗っていると
「あっ!ロバが来た!」とよく言われます(^_^;)
でも、ドラムはとってもタフでいい働きのできる馬なんです(=^・^=)
初めは白馬にこだわっていたテレビのスタッフさんですが、しっかり生中継を成功させたドラムに大満足だったようです。
キャッツ♪
2017年03月28日 (火) | 編集 |
娘が私の誕生日プレゼントにと、キャッツのチケットをプレゼントしてくれたので、日曜日家族で西梅田の四季劇場に行きました(=^・^=)

初めてキャッツを見たのは、1993年の大阪スタジアム難波のキャッツシアターでした。その後2002年に大阪MBS劇場の公演を見て、今回は三回目です。
四季劇場での公演は、初めてですが、特設会場とは演出も少しづつ違い、衣装や振り付けも変わっていて、とても新鮮でした。
オープニングと同時に、一気に心をわしづかみされるようなワクワク感は今回も期待を裏切りませんでした。
満席の会場は、みな舞台に釘付けで、あっという間の二時間半でした。

初めて見た時は中学生だった娘も、立派な社会人になり、こうして思いがけない素敵なプレゼントを用意してくれる年頃になりました。
土日も仕事のことが多いのに、時間をやりくりして一緒に観劇する機会を作ってくれたことが何よりも嬉しくて、これまでで一番楽しくて心弾むキャッツの公演でした(=^・^=)

00191758.jpg

00191757.jpg

00191756.jpg

一安心 (=^・^=)
2017年03月18日 (土) | 編集 |
年明けから、航太が排便後に肛門から出血するようになりました。
痛みはないようですし、食欲も旺盛で、元気に走り回っているし、心配はないと思うけれどやはり出血が度重なるのは気になるので、一度大きな病院で検査をしてもらう方が良いと、かかりつけの獣医さんが府立大学の獣医臨床センターを紹介してくれました。

人間の大学付属病院と同じで、かかりつけの獣医さんの紹介を受けて診察の予約をするシステムで、関西では一番最先端の検査と治療が可能な獣医科病院だそうです。
以前は府大の堺キャンパスの中にある古い建物でしたが、数年前にりんくうタウンに移設され、最新式の設備を完備した立派な病院になっています。

二月の初めに血液検査や直腸検査など、あらゆる検査を受けましたが、これといった異常は認められず、健康に問題は無く、腫瘍などの難しい病気が隠れている可能性もまずないとのことで一応はほっとしたのですが、やはり排便後の出血は続いています。
人間でいうところの切れ痔の可能性が大きいとのことで、便を軟らかくするドライフードに変えて、しばらく様子を見ることになりました。これで変化がなければ最終的には内視鏡での検査になるそうですが、麻酔を数回かけての検査になるので猫の負担が大きく、できれば避けたいとの先生のお話でした。

それからは、航太が排便するたびに便の状態を写真に撮り、肛門からの出血がないか毎日観察し続けることになりました。
直後に出血しなくても、数分後に出血することもあるので、走り回る航太のお尻を追いかける日々でした。
毎日同じ時間に排便するとは限らず、深夜や早朝になることもあって、本当に大変でした。
いちいちお尻を見られることを嫌がる航太が私たちの目を盗んで、こっそりトイレに入ろうとするようにもなって、なんだか一日中航太の動静を気にしている感じでした。

幸い、フードを変えたのが効を奏したのか、カチカチだった便がふわっとした良い状態になり、出血の回数も減ってきました。
今月も診察を受けましたが、この調子でいけばこれ以上の検査も投薬も必要なく、完治するでしょうとのことでした。
まだしばらくは、排便後の航太のお尻を追いかける日々が続きそうですが、まずは本当にホッとしました(=^・^=)

獣医臨床センターの先生も、スタッフのみなさんも、本当に優しくて親切で、不安でいっぱいの飼い主の心をしっかり受け止め、納得するまで話を聞いて、懇切ていねいに説明を繰り返して下さいました。
少し遠方ですし、航太が通院を嫌がるとかえってストレスになるかと心配しましたが、幸い航太は車での移動も嫌がらず、病院のスタッフのみなさんにもおびえず、先生からも落ち着いたいい子だとほめられました。

二回目の診察の時、また体重測定があったので「この一カ月、ドライフードを変えて決められた量だけしか食べさせていませんから、少しやせたかもしれません。」と伝えると「いえ、200グラム増えていましたよ!」と先生に笑われました(^_^;)
一歳になっていないのに、6キロ200グラムもあるのは、ちょっと重すぎるかもと、やんわり注意されてしまいました。「でも、順調に体重が増えているのは、深刻な異常がないしるしですね。」と笑ってもらえてホッとしました。

ここ数日は出血もなく、ほぼ完治かなと思いますが、あと数カ月はしっかり様子を見ることになっています。
今回の騒動の原因をあれこれ考えてみると、良く水を飲んでいた航太の飲水量が寒くなってからは減っていたことと、体重が6キロ800グラムを超えてダイエットを厳命された悠太のダイエット用の食物繊維の多いドライフードを航太が横どりしていたことが便を固くして、肛門を傷つけたのではないかと思います。
元気で体格も大きい航太ですが、完全に大人の身体になるには三年はかかる猫種だそうで、まだまだ身体がしっかりできていないことをついつい忘れていました。

人間の方はまだしばらく大変ですが、航太が元気一杯走り回っている姿をみると、少々の苦労は吹き飛びます。
ただ、今回の騒動で、悠太がちょっといじけています(^_^;)
航太、航太と皆が航太の後を追いまわしていると誤解して、やきもちがひどくなっています(^_^;)
せっかく仲良くなっていたのに、最近また航太が私の膝に乗っていると、悠太がいきなり頭をたたいたりして、喧嘩になってしまいます。悠太のいじけの虫がひどくならないよう、こちらのメンテも大変です(^_^;)

00191751.jpg

00191752.jpg

00191754.jpg

00191755.jpg

00191753.jpg